お役立ちコンテンツ | フリーランスエンジニアの案件・求人なら【テクフリ】

フリーランスの報酬交渉術を徹底調査! 8つのコツをご紹介

 YuJudy | 2022/12/01 - 17:38
目次

    より良い給料を交渉することは社会人として知るべきことです。 正社員、契約社員、派遣社員、さらにはフリーランサーとして働いていても関係なく、もしあなたが行う仕事の価値がその仕事に対して受け取る報酬に反映されていない場合は、給与を交渉することは労働者の権利です。 給与の交渉は決して簡単ではありません。 ほとんどの従業員は、雇用主に給料を相談することに対して不安を感じています。問題に客観的にアプローチし、希望する給与について強力な証拠に基づいた理由を持ち、給料交渉を成功に導きます。 雇用主との給与交渉に取り組むためのいくつかのヒントがあります。次をご覧ください。

    給与交渉とは何?

    給与交渉は、文字通り、あなたとあなたの現在または将来の会社との間の交渉であり、より高い給与を確保することを目的としています。 これは、特に従業員の観点からは難しいです。 普通、オファーを失うことを恐れたり、今の会社で見栄え(立場)をf悪くしたりして、より多くのお金を要求することに抵抗を感じます。 特に、日本では、給与について相談することに抵抗を感じており、ほとんどの人は就職の面接中または現在の雇用者と自分の給与を交渉した経験がありません。 しかし、従業員として、自分の仕事がより良い給料に値すると感じたら、給与を交渉する権限を与えられるべきです。

    給与交渉のコツ

    就職の面接中に適切なタイミングを待つが、延期しない

    給与を交渉するのに最適なタイミングは、就職の面接プロセス中ですが、自分からこのトピックを取り上げる必要がありません。会社側がオファーを確実に出した後、交渉を始めるのは一番良いです。ここで覚えるべき一つは交渉は会社に“入る前”にすべきです!会社に入った後はあなた自身を証明するための本当に競争力のある証拠がない限り、普通はプロモーションのために1年か2年待たなければなりません。

    交渉の成功率は、現在の雇用状況によって異なります。
    もしあなたが仕事をしていない状態で応募している場合、以前の給料とあまり変わらないか、それよりわずかに少ないこともあります。会社側も普通給与の交渉に対して理解しているので、たとえあなたが予想通りの金額を出しでも、交渉する価値があります。あなたを本当に雇いたいと思う会社は、あなたが給料を交渉したとしうても、オファーを撤回することはありません。
    もしそうなら、こういう会社に気をつけましょう。もしかしたら、自分と合わない企業文化が持っているかもしれません。

    最初は自分から金額を提示しない

    中途採用で転職を求めている場合、会社側があなたの望む金額を聞く可能性が高いです。この質問に対してちょっと要注意です。最初に自分から確実な望む金額を出さないで下さい。この質問に対して一番いい答えは“会社側とちゃんと相談したい”です。
    一気に確実な金額をいうのではなく、交渉できる、相談したいというメッセージを会社側に伝えましょう。そしてもう一つ重要なポイントは以前の給料を伝える時は、必ず手当と他の福利厚生を忘れないでください。

    相場と関連情報を調べる

    これはとても大事です。 給与交渉を成功させるには、まず調査を行う必要があります! これは、求職者と昇進を求める従業員の両方で同じです。自分と同じレベル、同じ業界で同じポジションで働いている人がどれだけ稼ぐかについて研究する必要があります。ただ自分の感覚で数字を言うだけではありません!
    会社側にあなたより高い賃金を支払う価値があると確信させるための確かな証拠が必要です。交渉するときは、単に数字だけではなく、研究に基づいて自分が望む金額の範囲を伝えましょう。

    時間をかけてオファーをもう一度読み返す

    面接の中ですぐに会社側の提案を受け入れないでください。 提案がすべてのオファーや前職と比べで確実に良い給与でない限り、まだ交渉する余地があります。 オファーを検討するのに時間が必要であることを、会社に丁寧に伝えましょう。あなたを本当に雇いたい会社は検討と交渉の時間を与えるはずです。
    返事について、1週間以内に企業に返信してください。 さらに相談が必要だと思われる場合は、3日以内に交渉の時間をスケジュールしてください。

    「ノー」と言うのも選択肢の一つ

    これは、求職者や従業員が通常、給与交渉で見逃していることの1つです。 給与の提案がさすがに意にそぐわない場合は、あなたは「ノー」と言う権利があります。 会社側は労働者に強制的に給与を受け入れる権利がありません。また求職者も納得できない提案を受け入れる必要もありません。
    給与交渉の成功は、雇用主と従業員の間の信頼に依存します。両者が互いのニーズを理解し、合意に達した場合にのみ、給与交渉は成功できます。

    手当と福利厚生も交渉できます

    これはまた、人が給与交渉する時は逃すことの一つです。
    あなたの給与には基本給と健康保険、労働保険、手当、年金、その他の福祉などの給付が含まれます。給与交渉する時は柔軟性を持ってください。もし基本給の引き上げがうまくいかない場合は、手当や他の福祉の見直しを検討するも方法の一つです。
    一部の人は、フレックスな勤務時間、リモートワークスタイル、長期休暇などを、高い給料よりも魅力的であると考えるかもしれません。

    練習は大事

    給与交渉は難しいことです。 日本の文化は、従業員は自分の給与を相談することに抵抗があり、会社側もそれをあまり適切と考えています。でも今はグローバル化と不景気な時代です。日本で働き、海外で働き、自分の実力でもっと高い給料を稼ぐことは悪いことではありません。
    実際、アメリカでは、大学生が学校で将来社会に出る準備を整えるために給与を交渉する方法を学ぶのが一般的です。練習を通して、給与の交渉の場面に慣れていきましょう。給与交渉を成功させるには、まず一般的な交渉スキルを磨くことから始めます。

    会社側からの「ノー」についての理解

    給与交渉は簡単ではなく、むしろ失敗する可能性が高いということです。交渉中いろいろな質問に対して直面する場合があります。雇用主はビジネスを運営するために守る必要があるいくつかのルールを持っています。もし面接の時交渉がうまくいかない場合は、この仕事は本当に自分に相応か、本当に自分がやりたい仕事か? 会社の文化は自分と合うか? などもう一度検討する必要があります。もし現在働いてる会社で交渉がうまくいかなかった場合、その理由、自分がまだ会社で達成したいことがありますか? 給与のほかにこの会社が好きなことがありますか? 自分の将来の可能性についてどうなりますか? いろいろなことを再検討すべきです!

    まとめ:昇給にはより多くの責任が伴います

    より高い給料は終わりではありません。あなたが新しい会社に入る場合、次の会社は間違いなくより多くを支払うでしょう。あなたのパフォーマンスを期待しています! 昇進した場合、あなたはより多くのタスクを処理し、より重い責任を負うことを期待しています。昇給は、同僚や上司があなたをどう扱うかも変わります。給与の上昇は、業績が良好であることを意味し、会社はあなたが達成したことを信頼してることを示しています。また昇給は、あなたは現在の会社により多くの時間と労力を費やして、すぐにこの会社を辞めるつもりはないというメッセージを会社側に伝えます。これは会社にとって良いことです! ただし、給与の引き上げる価値があることを証明するために、雇用主にパフォーマンスを示すことは非常に大事です。昇給をきっかけとして、自分のパフォーマンスとスキル更に磨いていきましょう。

    テクフリで案件探し&報酬交渉してみる

    今すぐシェアしよう!

    B!
    仕事内容
    techcareer freelancetechcareer freelance


    【マージン率10%案件が多数掲載!】テクフリで高単価案件を探してみよう!

    上部へ戻る