フリーランスなのに仕事がない… 今すぐやるべき対策6選

 ima | 2021/07/26 - 07:00
目次

    またコロナに関わらず、「仕事がない」ということに対して大きな不安を感じているフリーランスエンジニアも多くいらっしゃいます。

    仕事がないと、生活をしていくための収入もなくなってしまうわけですから、とても不安に感じますよね。

    では、一体なぜ「仕事がない」という状況に陥ってしまうのでしょうか。

    また、それを避けるためにはどのような対策を取ればよいのでしょうか。

    今回は、仕事がない原因から対策、案件の探し方などをお伝えしていきます。

    フリーランスで仕事がない!不安になる人の原因

    フリーランスとして独立したとしても、成功するとは限りません。フリーランスとして成功し、長く働く方がいる一方で、しばらく働いてから会社員に戻る方もいるのが現実です。

    フリーランスを辞める方の中で、仕事がないから。というのはよくある理由の一つです。

    では、どのようなことが原因でフリーランスの「仕事がない」は起きてしまうのでしょうか。さっそく見ていきましょう。

    1.営業活動不足

    あなたが、多くのクライアントからひっぱりだこのフリーランスエンジニアでないのであれば、仕事を獲得するために営業活動をする必要があります。

    仕事がない原因は、営業活動が足りていない点かもしれません。

    2.スキル不足

    フリーランスエンジニアの仕事は、その内容によって求められるスキルが明確です。

    Rubyを用いてサーバーサイド開発をする仕事であれば、Rubyのスキルを持っているエンジニアが選ばれますし、Pythonのスキルを持っていないエンジニアには、Pythonを用いてデータ分析をする仕事は務まりません。

    仕事がない原因は、スキルが不足している点かもしれません。

    3.実績不足

    フリーランスエンジニアの仕事では、経験年数や特定の経験を求められることがしばしばあります。

    Rubyのスキルを持っていても、それが1年未満の経験であれば断られてしまう場合がありますし、Pythonでサーバーサイドの開発経験を持っていても、Pythonでデータ分析を行う仕事では断られてしまう場合があります。

    「実績」には学習やスクールでの経験が含まれないことが大半で、主に対価としてお金を頂いた経験のことを指します。

    仕事がない原因は、実績が不足している点かもしれません。

    4.信頼不足

    あなたは、単発での仕事が多いでしょうか。それとも、同じクライアントから継続して仕事を依頼されることが多いでしょうか。

    一度参画した仕事でパフォーマンスを発揮したり、メンバーと良好な関係を築くことにより、「またあの方に依頼したい。」「また一緒に働きたい。」と思ってもらうことができれば、継続して仕事を獲得しやすくなります。

    クライアントからの信頼が不足していると、新たな仕事依頼につながらないことがあります。

    勤怠不良が続く。納期を守らない。成果物の完成度が期待を大幅に下回る。といったことが起きると、信頼度は落ち、継続して仕事を依頼されにくくなってしまいます。

    仕事がない原因は、信頼度が不足している点かもしれません。

    5.人脈不足

    フリーランスエンジニアには、人脈も重要です。

    関係のあるフリーランスエンジニアや、企業担当者から直接仕事をもらうこともしばしばあるため、人脈は広いほうが仕事を獲得しやすいです。

    どんなに高いスキルや誇れる実績を持っていても、人脈が狭いと仕事を獲得しにくくなってしまう場合もあります。

    仕事がない原因は、人脈が不足している点かもしれません。

    仕事がないフリーランスにならないための対策

    ここまで、フリーランスエンジニアの「仕事がない」の原因を見てきました。

    では、どう対策すれば「仕事がない」の原因をつぶすことができるのか。見ていきましょう。

    1.提案スキルや文章作成スキルを磨く

    「営業職でもないのに、提案スキルや文章作成スキルなんて要らないよ、、、」なんて思っている方、いませんか?

    フリーランスエンジニアにとって、提案スキルや文章作成スキルはとても重要です。

    前章でもお伝えしたとおり、あなたが多くのクライアントからひっぱりだこのフリーランスエンジニアでない限り、仕事を獲得するためには営業活動をする必要があります。

    そしてそこでより仕事を獲得しやすくするためには、自身の強みや能力を的確に売り込める「提案スキル」とそれを書面上でも明確に伝えられる「文章作成スキル」の向上が必要不可欠です。

    本を読むこと、ブログなどを書くこと、営業職を経験してみることなどにより磨くことができるので、早速向上させていきましょう。

    対策できる原因:営業活動不足

    2.常に最新のトレンドをキャッチアップする

    エンジニアのあなたにとっては周知の事実かと思いますが、IT業界のトレンドは目まぐるしい速さで変化し続けています。

    そのため、常に最新のトレンドをキャッチアップできないエンジニアは時代に取り残され、どんどん仕事がなくなっていってしまいます。

    変化し続けるIT業界で、フリーランスとして仕事を獲得し続けるには、自分自身も変化し続けなければなりません。

    今の自分に満足せず、常に向上心を持って学習していきましょう。

    対策できる原因:スキル不足

    3.経験をスキルシートやポートフォリオにまとめておく

    あなたは、スキルシートやポートフォリオはしっかり作成していますか?

    スキルシートの情報が不足していたり、ポートフォリオが雑だと、自分のスキルや実績を正確に伝えることが出来ません。

    逆に、スキルシートやポートフォリオに自分のスキルや実績を丁寧にわかりやすくまとめておくと、大きなアピールとなります。

    また、ポートフォリオサイトにお問合せフォームを設けておくのも良いでしょう。ポートフォリオサイトが良いものであればあるほどお問い合わせが増えるはずです。

    今一度、自身のスキルシートやポートフォリオサイトを見直し、スキルや実績を余すことなくアピールできているか確認してみてください。

    対策できる原因:営業活動不足・スキル不足・実績不足

    4.案件を選り好みしすぎない

    特にまだ実績が積み上げられていない方向けですが、あまり案件は選り好みしすぎないようにしましょう。

    好きな仕事を好きなだけして生活するために、フリーランスになった。という方は多いと思いますが、そもそも仕事がないのであればそのようなことを行っている場合ではありません。

    お金を稼ぎ生活をしていくため、実績を積み上げるため、仕事に困っているうちは、少し納得の行かない条件でも引き受けましょう。

    かといって、何でもかんでも引き受けているとフリーランスになった意味を見失ってしまうかもしれません。

    今一度仕事を引き受ける際の条件を見直し、譲れない部分や妥協できる部分を整理してみましょう。

    対策できる原因:スキル不足・実績不足

    5.コミュニケーションスキルを磨く

    フリーランスエンジニアにとって、コミュニケーションスキルはとても大事です。

    コミュニケーションスキルがあれば、初めて参画する仕事でも円滑にチームワークが取れますし、チームへとけ込むのも早いです。

    同じクライアントから継続して仕事を獲得するためには、その仕事でパフォーマンスすることが最も大切です。しかし、どんなにスキルが高くても「この人とは働きたくない。やりづらい。」と思われてしまうと、継続して仕事を獲得することが難しくなってしまう場合もあります。

    継続して仕事を獲得するためにも、コミュニケーションスキルを磨いていきましょう。

    本を読むだけでなく、ビジネスマッチングサイトなどで実践を積むことも大切です。ビジネスマッチングサイトなどで知り合った方から仕事を獲得するケースもあるため、まさに一石二鳥ですね。

    対策できる原因:営業活動不足・信頼不足・人脈不足

    6.SNSを活用する

    あなたは、TwitterなどのSNSアカウントを運用されていますでしょうか。

    近年、「#Twitter転職」などの盛り上がりにより、SNSを通じて仕事を探す求職者や、SNSを通じて求人を行う企業が増加してきています。

    SNSは普段の求職者や企業の様子をうかがうのに最適です。また無料で不特定多数にアピールでき、非常に簡単です。

    フォロワーが少ないうちはなかなか反応を得ることが難しいとは思いますが、継続することにより、徐々にアカウントを育てていくことが出来ます。

    「普段使っているアカウントではとても仕事探しなんて出来ない、、、!」という方は、ぜひこの機会にビジネス用のアカウントを作成されてみてはいかがでしょうか。

    対策できる原因:営業活動不足・信頼不足・人脈不足

    フリーランスが仕事がないときの案件の探し方

    ここまで、フリーランスの「仕事がない」の原因と対策をお伝えしてきましたが、実際に「仕事がない」状況になってしまった時、不安を取り払うためにどのような方法で仕事を探せばよいのか。お伝えしていきます。

    エージェントを活用する

    最もオススメなのは、エージェントを活用することです。

    エージェントを活用することにより、フリーランスの仕事探しをサポートしてもらうことができます。

    特に、フリーランスのエンジニア・クリエイター限定で仕事情報を提供する「テクフリ」では、担当エージェントが仕事をご紹介するだけでなく、参画後のフォローアップまで一貫してサポートしています。

    テクフリ

    クラウドソーシングサービスを活用する

    フリーランスの仕事探しのひとつとして、クラウドソーシングサービスが盛り上がっています。

    自身で営業活動をする必要があるため、確実に仕事を獲得することが難しいですが、盛り上がっているということから仕事の数も多く、仕事を獲得する方法のひとつとしてはかなり優秀であると言えます。

    仕事がない時に注意すること

    仕事がない時、その不安さから目の前に転がってきたチャンスに飛びついてしまいがちです。

    しかし、仕事がないときだからこそ、転がってきたチャンスを冷静に判断する必要があります。

    最後に、仕事がないときだからこそ注意したい点をお伝えしていきます。

    単価を妥協しすぎない

    仕事がない時、その不安さから単価を妥協しすぎてしまう場合があります。

    しかし、単価を妥協しすぎてしまうと以下のようなデメリットが生まれます。

    • そもそも生活できないレベルの単価であれば仕事を引き受ける意味がない
    • 同じクライアントから継続して仕事を獲得できた場合、継続して低い単価になりがち
    • フリーランスで働く意味がわからなくなってしまう

    不安に感じていち早く仕事を獲得したいという気持ちもあるかと思いますが、一度冷静になり、納得できないのであれば単価交渉に臨みましょう。

    スキルアップにつながりにくいアルバイトをしない

    仕事がない時、とにかく生活をしていくためにアルバイトを始める方は多いと思います。

    しかし、それが自身の今後につながりにくい仕事であれば避けましょう。

    もし今後もフリーランスエンジニアとして仕事をしていきたいのであれば、「仕事がないフリーランスにならないための対策」でお伝えした6つの対策方法に当てはまるかどうかを考え、アルバイトに望みましょう。

    まとめ

    仕事がないフリーランスの原因と対策、そして仕事を探す方法とやってはいけないことをお伝えしてきました。

    最も効果的と言える方法は、「早めのうちにエージェントに相談しておく」ことです。

    先程ご紹介したフリーランスのエンジニア・クリエイター限定で仕事情報を提供する「テクフリ」は、以下のような特徴で「仕事がない」からフリーランスを救います。

    • 担当エージェントによる仕事紹介
    • 高福利厚生による参画後サポート
    • オススメ案件をメールにてご紹介
    • 界最低水準!マージン10%案件
    • エンド直案件90%以上

    仕事がないことに対して不安を感じているフリーランスの方は、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

    今すぐシェアしよう!

    B!
    仕事内容
    techcareer freelancetechcareer freelance


    【マージン率10%案件が多数掲載!】テクフリで高単価案件を探してみよう!

    上部へ戻る