「人の役に立つ」ことを優先したい

 yamazaki_k | 2019/08/02 - 12:07
目次

    テクフリ ユーザーインタビューVol.4

    フロントエンドエンジニア:K・Hさん

    現在、フリーランスのフロントエンドエンジニアとしてだけでなくサーバーサイドエンジニアとしても活躍するK・Hさん。どん底だった長崎でフリーターをしていた時代から、夢であるゲーム業界に入りフロントエンドエンジニアとして活躍するまでの半生をお話していただきました。

    また今回は、顔出しNG、イニシャル表示にて本音で語ってもらっています。それでは最後までお楽しみください。

    今のお仕事

    メインはフロントエンドエンジニアですが、サーバーサイドの方が退職したので、立候補してサーバーサイドも担当しています。フロントエンドはNuxt.js(フレームワーク)を使い、サーバーサイドはPythonを使っています。具体的な業務内容はコンビニ・アプリの管理画面を作っています。

    キャリアの出発点

    元々長崎でフリーターをしていました。当時、漠然と「Webデザイナーになりたい」と思っていました。もちろん、何も経験がないので仕事に就けず、実家に戻されました。

    「どうしようかな?」とアルバイト(ファーストフード店)しながら日々を過ごす毎日で、「下手したらホームレスになるんじゃないか」という焦りもありました。気持ち的に「やばい! やばい!」と日々追い込まれることもあり、この現状を打開するために職業訓練所に通いました。

    そこでWebデザインやAdobe Dreamweaverといったコーディングツールを覚えました。元々知ってはいましたが、HTMLやCSSも基礎から学び直しました。

    それから東京の小さい会社に入社します。ですが、勤務体系含めブラック企業でした。プロジェクトは「鹿児島の温泉の水を売る仕事」で、それを売り出すためのステマ用のブログを育てていました。それでも一応ブログのデザインはしていたので我慢していました。

    その後、ブログの仕事もなくなり、突然「仕事ないので、鹿児島に引っ越して、温泉の水を汲んで発送する作業をお願いできませんか?」と言われれ、即刻辞めました。わざわざ上京したのに酷いと思いませんか。

    フリーランスになったきっかけは?

    次に正社員として、大手スロットメーカーの子会社に入ります。そこで大きく成長できました。一から育ててもらい、色々な経験をさせてもらいました。そのとき携わっていたアプリ(スマホのスロット)が上位にランキングしたことも嬉しかったです。

    ですが仕事に慣れてくるともっと給料が欲しい」「もっと成長したい」との思いが強くなりました。そんな時、会社に来ていた業務委託の方と仲良くなります。

    その方たちが働いていた会社(大手スマホゲームメーカー)は元々私が憧れていた会社で、仕事の進め方やマインドなど見習うべき点も多く、「彼らのようなフリーランスになりたい」と思うようになりました。

    そこで「僕も入りたいんです」と相談したら「正社員だと難しいので業務委託になったらどうか」とアドバイスを受けました。後々、業務委託でその会社に行くことになりますが、それは先の話です。僕自身、石橋を叩きながら渡るタイプなのですが、結局フリーランスになる決心をして会社を辞めました。

    フリーランスの恐ろしさを経験

    ここだけの話

    最初の業務委託の案件はその会社ではなくメガベンチャーとなります。有名な会社なので嬉しかったです。一方で正社員ではないので「正式な一員ではない」という淋しい気持ちもあり、「気軽に働ける」「上司から煩く言われることもない」「仕事をこなしていれば問題なし」、そういったメリット、デメリット両方を最初の業務委託の案件から経験しました。

    それから1年後、在籍していた事業部が縮小し、ほとんどの業務委託がやめさせられて(切られて)しまいました。初めて経験したフリーの恐ろしさですね。真っ先に自分が切られるとは思いませんでした。

    次は大手企業に入ります。ですが半年で辞めました。この期間は「自分を見つめ直していた期間」と思っています。辞めた原因は前職との働き方のギャップによるものです。

    前職はベンチャーならではの「自由でイケイケドンドン」な社風でしたので、大手企業のお堅い社風には馴染めませんでした。当時、紹介してくれたエージェント(弊社)に「困っている」と伝えると東京駅まで来てくれ、お話を聞いてくれました。一人だと対応できないこともあり、心強い存在でしたね。

    そして念願の会社(大手スマホゲームメーカー)の業務委託の案件に就きます。元々ゲーム作りに携わりたいと思っていたので、目的を果たせたのかなと思いました。会社は思い描いていた通り、従業員のモチベーションが高く、他の会社から有能な人がドンドン入ってくる刺激的な環境で、良い影響を受けました。そいう意味でも3年間の在籍期間は有意義でした。

    今後の目標

    最初にお話したように、今は業務委託として別の会社で働いています。フロントエンドですがサーバーサイドにも挑戦しています。目指しているのはフルスタックです。

    フルスタックができるようになり、いろいろなことを知った上でマネージメントができるようになったら理想ですね。今はできることを増やし、自分のスキルをいかにスケール化していくことを考えています。

    そして何よりも「人の役に立つ」ことを優先したいです。「いなくてよくない?」と思われたら、辛くなるじゃないですか。常に人に求められる人間になりたいです。

    今すぐシェアしよう!

    B!


    上部へ戻る