お役立ちコンテンツ | フリーランスエンジニアの案件・求人なら【テクフリ】

正社員への転職を検討するフリーランス必見!成功のためのアドバイス

2023.05.22

sake

freelance

目次

    フリーランスとして活躍しているあなたは、さらなるキャリアアップの道として、企業に就職する可能性を考えたことはありますか?

    フリーランスに比べて、企業で働く会社員には、以下のようなメリットがあります。

    ・毎月安定した給料に加えてボーナスも貰えるため、年収が安定する
    ・企業での正社員雇用には社会保障や福利厚生が充実しているため、いざというときに安心して働ける
    ・企業では組織やチームで働くため、管理職などのポジションの変化によって、新たなキャリアを築ける

    とはいえ、一度フリーランスとして歩み始めた今、企業へ再就職できるのか不安に思うのではないでしょうか?

    この記事では、フリーランスから正社員への転職について、転職は可能なのかということから、転職を行う方法を紹介します。

    実は、フリーランスから正社員への転職活動に苦戦する人が多いのも事実です。
    年収の面で納得できなかったり、面接に失敗したりといった理由が挙げられます。

    今回は、フリーランスの人が就職面接で気を付けるポイントも紹介するので、あわせて参考にしてみてください。

    フリーランスから正社員への転職は可能なのか

    PC作業中

    あなたはフリーランスから正社員への転職はできると思いますか?
    フリーランスから、会社員などの正社員への転職はできるのか、不安に思いませんか?

    結論からいえば、フリーランスから正社員への転職は十分に可能です。

    近年では、不安定な収入からの脱却や将来の安定性を求めるニーズに応えるため、多くの企業がフリーランスの経験を重視して積極的に採用しています。

    また、即戦力となるエンジニアの需要が高まっている傾向にもあります。

    フリーランスで得た知識や経験を活かして、正社員として企業で活躍したいと考えている人は、今回の記事を読んでさらなるキャリアアップを目指しましょう。

    フリーランスが転職を考える理由

    考える男性

    フリーランスが正社員として働くことを希望する理由はさまざまです。

    正社員として働くことで、組織内での成長や長期的なキャリアパスを築きたい人や、安定した収入を得たい人がいます。

    近年では、フリーランスのスキルや経験を重視した求人も増えている点も、フリーランス人材が正社員を目指す理由のひとつです。

    今回はフリーランスが転職を考える理由として代表的なものを3つ紹介します。

    安定した収入を得たい

    フリーランスの中には、収入が不安定な人もいるでしょう。

    フリーランスは案件が常に獲得できるとは限らず、生活の維持が難しい場合もあります。
    安定した収入を得るために正社員として働くことを希望する人も多いです。

    正社員として雇用されれば、給与や福利厚生の安定性が保証されるというメリットがあります。
    安心した生活を送ることで家族を守りたいという理由で正社員を希望する人もいます。

    企業の自社開発案件に携わりたい

    フリーランスはクライアントの案件に応じて仕事をすることが多く、自身のアイデアを十分に活かす機会に恵まれないこともありますよね。

    正社員として採用されれば、企業の自社開発案件に関わることで、新たなプロジェクトに挑戦できることもあるでしょう。

    自分のアイディアを形にする機会が欲しい人にとっては、企画から携われる自社開発に魅力を感じて転職する人もいます。

    さらにスキルアップしたい

    フリーランスとして働くことは自己スキルの向上につながる一方で、他の社員からの学びや成長の機会は限られています。

    正社員として採用されれば、組織の中での仕事や他の社員との協力を通じて、さまざまなスキルを磨くチャンスです。

    エンジニアとしての技術スキルだけではなく、企画や管理といったマネジメントスキルや、転職先の企業が持っているノウハウも学べます。

    また、大手企業に転職した場合は、より大規模な案件に関わることで得られるものも多いでしょう。

    フリーランスとして独立して身に着けたスキルに限界を感じて、さらなるスキルアップするために正社員として働くことを希望する人もいます。

    フリーランスの転職面接で伝えるべきこと

    OL

    フリーランスの転職面接では、フリーランスとして活躍してきた実績をアピールしつつも、企業での働き方を理解していることを伝えるのが重要です。

    実は、フリーランスから正社員を目指す人の中には、フリーランスの転職面接がうまくいかないという人もいます。

    転職面接でありがちな失敗は以下のとおりです。

    • 過度な自己アピールによって、協調性やチームワークを重視する企業にはマイナスの印象を与えてしまう
    • 応募先の企業について理解していなかったため、面接での回答が的外れになったり、質問に対する十分な準備ができずに戸惑ったりしてしまう
    • 年収を上げたい、安定性が欲しい、といった今の環境に不満を抱えていることを志望動機にすることで、企業に悪い印象を与えてしまう

    今回は、これらのよくある失敗を踏まえて、転職面接で伝えるべきポイントを3つ紹介します。

    即戦力として活躍できる

    フリーランスは個人で仕事をすることが多いため、高いスキルや即戦力になる実務経験はアピールポイントになります。

    面接ではこれまでの実績や経験をアピールすることが重要です。
    自身の実績やスキルを具体的に示し、自分が企業に貢献できる能力をアピールしましょう。

    過去のプロジェクトでの成果や解決した課題、お客様からの評価などを通じて、自身の実績を明確に伝えることが大切です。
    フリーランスとして働くことで培った自律性や柔軟性、問題解決能力なども強調し、即戦力としての価値をアピールしましょう。

    協調性を持って業務に取り組める

    フリーランスとして独立して働いてきた人は、個人で作業することが多いため、協調性やチームワークに関して不安を抱えるかもしれません。

    しかし、正社員としての面接では、チームでの業務への適応能力や円滑なコミュニケーションスキルをアピールすることが重要です。
    綿密なコミュニケーションを取り合うよう心掛けた経験や、協調性を発揮して働いた経験などを伝えましょう。

    フリーランスとして業務委託で仕事をするためには、関係者との調整が不可欠です。
    チームでの業務が未経験でも、案件を円滑に進めるためにしてきたコミュニケーションの工夫などはないか思い出してみましょう。

    年収低下の可能性があることを理解している

    フリーランスとしての収入が一時的に高い場合、正社員への転職によって年収が低下する可能性があります。

    面接では、年収低下の可能性があることを理解していることを伝えましょう。
    給与面での柔軟性や将来の成長に期待を寄せる姿勢を示し、収入面だけでなくキャリアの発展や安定性を重視していることをアピールすることが大切です。

    フリーランスが転職を行う方法

    スマホとノート

    フリーランスが転職を行うにはどのような方法があるか知っていますか?

    よくある方法としては転職エージェントの活用が挙げられます。
    最近では転職向けのエージェントサイトも増えており、フリーランスからの転職が行いやすいです。

    エージェントは転職者の経歴だけでなく人柄も含めて採用担当者に推薦します。
    そのため、エージェントから紹介された求人は採用されやすいというメリットもあります。

    フリーランスが転職を行う方法は転職エージェントだけではありません。
    ここでは、フリーランスが転職を行う方法を3つ紹介します。

    エージェントを活用する

    フリーランス人材が転職する際には、エージェントを活用するのが一般的です。転職エージェントを利用する場合は、経歴などをもとに企業へ推薦してもらうことになります。自身のスキルを企業へ直接アピールするのは簡単ではありませんが、エージェントのサポートを受けながら安心して転職活動を実施できるのがメリットです。

    とくにエンジニアの方であれば、ITフリーランスに特化したテクフリがおすすめです。
    テクフリはおもにITフリーランス人材への案件紹介を行っていますが、その後の正社員採用につながる「ARS(Advanced Recruiting Service)」という手法も提案しています。
    ARSでは一度業務委託契約を結び、業務開始後にエンジニアと企業双方の合意があれば社員登用を行うことになります。

    企業におけるIT人材の採用課題を解決するためのサービスですが、採用後のミスマッチを防げるこの手法は、正社員への転職を検討しているフリーランス人材にとっても魅力的です。

    エンジニア案件について相談する

    ビジネス系のSNSを活用する

    ビジネス系のSNSを活用することで、自己PRや経歴の発信、求人情報の収集が可能です。
    ビジネス系SNSといっても、Twitter、Facebook、Instagramといった大手SNSを活用することが多いです。

    ビジネス系SNSではチャットやオフ会などを通して、企業の社員と交流することもできます。
    実際に現場で働く人との繋がりを持つことで、企業に関する理解を深めてから求人に応募できるというメリットがあります。

    中には多くの企業や採用担当者が利用しているSNSもあり、転職のチャンスを広げるチャンスです。
    自己紹介やスキル、実績の記載に加え、業界や関心領域に関するコンテンツの発信や他のメンバーとのネットワーキングを通じて、転職の機会を見つけましょう。

    クライアントからオファーを受ける

    フリーランスとして実績を積んでいる場合、クライアントから直接転職のオファーを受けることもあります。この場合非常にスムーズに正社員へ移行できます。

    長期のプロジェクトに携わっている人は、そのクライアントが正社員としてあなたを採用したいと思っている可能性もあるため、積極的にコミュニケーションを取ることが大切です。
    自身の能力と専門知識をクライアントにアピールし、転職のチャンスを掴み取りましょう。

    まとめ

    スマホ操作

    今回はフリーランスから正社員への転職について紹介しました。

    結論を言うと、フリーランスから正社員への転職は可能です。

    不安定な収入や将来の安定性を求めるフリーランスにとって、正社員としての転職は魅力的な選択肢です。
    安定した収入の獲得、自社開発案件への関与、スキルアップといった要望を持っている人は、企業への転職も検討してみましょう。

    企業への転職面接で伝えるポイントは以下の3つです。

    • 即戦力として活躍できること
    • 協調性を持って業務に取り組めること
    • 年収低下の可能性があることへの理解

    今回紹介したポイントを参考に、希望する企業への採用を勝ち取りましょう。

    企業への転職方法としては、エージェントやビジネス系のSNSの活用、クライアントからのオファーなどがあります。
    自身の魅力や価値をアピールして、新たなキャリアの可能性を追求しましょう。

    転職は大きな変化ですが、適切なアプローチと準備を行うことで、フリーランスから正社員へのスムーズな転職を実現できます。
    新たなキャリアへの一歩を踏み出し、目指す未来に向かって頑張りましょう。

    フリーランスエンジニアの方はこちら

    今すぐシェアしよう!

    B!
    <span class="translation_missing" title="translation missing: ja.layouts.footer.icon_back_to_top">Icon Back To Top</span>
    TOP