お役立ちコンテンツ | フリーランスエンジニアの案件・求人なら【テクフリ】

フリーランスと起業はどちらが良いの?メリットデメリットを徹底比較!

2023.05.30

sake

freelance

目次

    ITを仕事にしている人の場合、スキルがついてきたタイミングで、独立を視野に入れる人も多くいます。
    そういった時に、フリーランスと起業のどちらの道を選べば良いのか、迷う人も多いのではないでしょうか。
    フリーランスと起業の何が違うのか、また、どちらが自分に合っているのか、正しく理解することは大切です。

    そこで本記事では、フリーランスと起業の違いやメリット、デメリットを紹介していきます。
    本記事の内容を把握しておくことで、自分の目標に合った選択をすることができるでしょう。

    フリーランス案件を探してみる

    フリーランスと起業の違いとは?

    フリーランスと起業の違い

    フリーランスと起業には明確な違いがあります。
    ここでは、代表的な3つの項目について確認していきましょう。

    フリーランスと起業の定義の違い

    フリーランスとは、自らの専門知識やスキルを活かして個人事業主として独立して仕事を行う人のことを指します。
    一方で起業とは、ビジネスを立ち上げて事業を展開することを指します。

    資金面やビジネス規模の違い

    フリーランスは一般的に、比較的少ない資金で始めることが多いです。
    おもに、自身のスキルやサービスを提供することで収入を得ます。

    規模を大きくするというよりは、仕事内容は今までと大きく変えずに、会社勤めから個人で働くというように働き方が変わるようなイメージです。
    一方で起業する場合には多くの資金が必要となるケースが多く、事業の規模や成長性を考慮し、必要に応じて資金調達も行います。

    働き方の違い

    フリーランスは自由度の高い働き方が可能です。
    自分自身でクライアントを探し、仕事のスケジュールや場所を決めることができます。
    一方、起業は事業の運営に責任を持ち、組織を運営するため、より多くの時間と労力を要します。

    フリーランスのメリット

    フリーランスのメリット

    フリーランスのメリットで、代表的なものは以下の5つです。

    自由度の高い働き方を実現できる

    フリーランスは自分自身に決定権があり、自由に働くことができます。
    もちろん全てが自由というわけではなく、時には取引先に合わせて営業時間外でも働かなければいけないこともあるでしょう。
    しかし、仕事のスケジュールや場所を選びやすいので、自分のライフスタイルに合わせた働き方が可能です。

    スキルに見合った収入を得られる

    フリーランスは自身のスキルや経験に基づいて、クライアントと直接契約をすることができます。
    そのため、自分のスキルに見合った報酬を得られる可能性が高いでしょう。
    質の良い仕事を提供できれば信頼を勝ち取ることができ、さらなる収入アップも期待できます。

    通勤に困らない

    フリーランスの場合は自宅やカフェなど、好きな場所で仕事をする人も多いです。
    通勤時間や交通費のストレスを抱える必要がなくなるため、効率的な働き方ができます。

    クライアントとの直接の関係を築ける

    フリーランスは、クライアントと直接やり取りをすることができます。
    クライアントのニーズや要望を直接聞き、コミュニケーションを取りながら仕事を進めることが可能です。
    これにより、クライアントの要求を正確に把握してより満足度の高い成果物を提供できるでしょう。直接的な関係を築けることによって、人脈形成もしやすいと言えます。

    柔軟なスケジュール管理が可能

    フリーランスは自身で仕事のスケジュールを調整することができます。
    例えば納期が決まっているような仕事の場合、子供の送り迎えをした後に10時ごろから業務を始めることも可能です。
    予定の変更やプライベートな時間の確保が比較的しやすいので、柔軟な働き方をしたい人には最適でしょう。

    フリーランスのデメリット

    フリーランスのデメリット

    フリーランスのデメリットは以下の3点です。

    収入が安定しにくい

    フリーランスは仕事の受注状況によって収入が左右されます。
    受注が少ない時期やクライアントとの契約が途切れた場合には収入が減少する可能性があるため、注意が必要です。
    収入の安定性を確保するためには、マーケットの動向や需要の予測をしっかりと把握する必要があります。

    社会的信用度が低いとされる場合がある

    一部の業界や地域では、フリーランスの仕事に対する社会的な評価が低いとされる場合があります。正社員ではないため、一定の信用を得るまで時間がかかることもあるでしょう。
    例えば家の賃貸契約や銀行と住宅ローンを契約する際には、厳しく審査される可能性があります。これに対処するためには、自身の実績やスキルを適切にアピールして信頼を獲得することが重要です。

    保険や年金などの社会的保障が不十分

    フリーランスは自身で社会保険や年金の加入を行わなければならないため、費用や手続きの面での負担が伴います。
    また、病気やケガなどで仕事を休む場合には、給与の補償がないため、収入面でのリスクが存在します。
    そのため、個人で保険に入るなどのリスクヘッジをしておくことが大切です。

    起業のメリット

    起業のメリット

    起業のメリットは、次の5つとなります。
    フリーランスとの違いも確認してみてください。

    節税がしやすい

    起業することで、法人としての経済的なメリットを受けることが可能です。
    例えば、法人税や経費の計上などを活用することで、節税効果を得られるでしょう。
    売り上げが大きくなったタイミングで、フリーランスから起業に移行する人も少なくありません。
    税金面を考えるなら、起業して法人化したほうが優遇されます。

    社会的信用度が高い

    起業家としてビジネスを展開して規模を拡大していくことで、一定の社会的な信用を得られます。
    起業は新たなビジネスを創造し、雇用を生み出すなど社会貢献にもなるため、経済や地域の発展に寄与する存在にもなり得るでしょう。

    高収入を得られる可能性がある

    起業は自身のビジネスアイデアや経営能力によって、大きく成功する可能性があります。
    成功すれば従業員や株主としての収益を得ることができ、高い収入を得られるでしょう。
    起業をした人の中には、会社員では手に入らないような生活をしている人もいます。

    独自のビジネスアイデアを実現できる

    起業によって、独自のビジネスアイデアを実現することができます。
    自由な発想や創造性を活かして自分自身のビジネスを形成するという、貴重な体験ができるかもしれません。
    自身のビジョンやアイデアに基づいた独自の商品やサービスを開発して、市場に提供することに面白さを感じる人も多いでしょう。

    市場に対する影響力を持つことができる

    起業に成功して企業が成長していくと、市場において一定の地位を築くことができます。
    競合他社に対して競争力を持ち、市場のトレンドや流れをリードすることもできるでしょう。
    また、自身のビジネスによって社会や産業に対して影響力を与えることもあります。
    自分が生きた証のようなものを残せるというのも、起業の醍醐味ではないでしょうか。

    起業のデメリット

    起業のデメリット

    起業のデメリットは次の3つです。

    事業が失敗した際のリスクが大きい

    大きなリターンを得られる可能性がある分、起業はリスクを伴います。
    ビジネスの成功には多くの努力やリソースが必要であり、失敗した場合には投資した資金や時間を失う可能性があることを覚えておきましょう。
    事業計画の立案や市場調査、競争環境の把握などリスク管理の能力が求められます。

    必要な手続きが多い

    起業するには、法的な手続きや許認可の取得が必要です。
    会社の設立や税務、労働法などさまざまな規制や制度を遵守しなければなりません。
    これらの手続きや、法的な知識を得るためには時間や費用がかかる場合があります。
    提出しなければいけない書類を管理する手間も、かなりかかるでしょう。

    初期投資や資金調達の難しさ

    起業には十分な初期投資や資金調達が必要です。
    事業の立ち上げや運営に必要な資金を調達することは、容易ではありません。
    銀行からの融資や投資家からの資金調達など、資金を確保する手段を見つける必要があります。とくに起業したての頃は信用も少なく、実績もない場合がほとんどであるため、資金調達の難易度が高いでしょう。

    フリーランスと起業はどっちが良い?

    フリーランスと起業どっち

    フリーランスと起業に関して、メリットデメリットを確認頂きましたが、実際に独立することを考えた際には、どちらを選べばいいのでしょうか?
    結論、人によってどちらの方が良いのかは変わります。
    そうは言っても、悩む人も多いでしょう。
    ここでは、どちらを選べばいいのか決める際のポイントを紹介していきます。

    自身のスキルや目標に合わせた選択

    フリーランスと起業はそれぞれ異なる働き方やリスクを伴います。
    自身のスキルや目標に合わせて選択することが大切なポイントです。
    自分自身の専門知識やスキルを活かしながら自由な働き方を望むのであれば、フリーランスが適しています。
    一方で自身のビジネスアイデアを実現して、市場に大きな影響力を持ちたい場合は起業が適しているかもしれません。

    リスクと安定性のバランスを考慮

    フリーランスは自由な働き方や柔軟性がありますが、収入の安定性や社会的保障が不十分というデメリットも存在します。
    起業することによって高い収入や市場への影響力を持つ可能性がありますが、事業のリスクや手続きの煩雑さも考慮する必要があります。
    自身のリスク許容度や安定性の重要性を考えて、バランスを取ることが重要です。

    フリーランスになるならエージェントを活用する

    フリーランスエージェント

    いきなり起業するのが怖いという人も少なくありません。
    それでも独立したい場合は、フリーランスから始めることとなります。
    しかしフリーランスとしての働き方を選択した場合でも、いきなり1人だと大変なことも多いでしょう。
    そういう時には、フリーランスエージェントをうまく活用してみると、自身の負担を減らすことができます。

    エージェントの役割とメリット

    フリーランスとして活動する際にはエージェントを活用することで、自分で営業をしなくて済みます。エージェントはクライアントとフリーランスをマッチングして、仕事の紹介や交渉をすることが役割です。
    また、契約書の作成や支払い手続きなどの業務も代行してくれるため、効率的に仕事を進められます。いきなりフリーランスとなるのは不安だという場合は、フリーランスエージェントに頼るといいでしょう。

    エージェント選びのポイント

    エージェントを選ぶ際にはいくつかのポイントを考慮する必要があります。
    まずはエージェントの信頼性や実績を確認しましょう。
    過去の取引実績やクライアントの評判などを調査して、信頼できるエージェントかどうか見極める必要があります。また、提供されるサポートや報酬の条件なども比較検討して最適なエージェントを選ぶことも重要です。

    フリーランスエージェントならテクフリ

    フリーランスエージェントなら、テクフリがおすすめです。
    テクフリは、ITフリーランスに特化したエージェントであり、正社員のような福利厚生を提供してもらえることが強みです。また、マージン率が低く、契約更新率が高いため、フリーランスとして駆け出しの方には最適といえます。

    フリーランス案件を探してみる

    まとめ

    メモ

    フリーランスと起業はそれぞれにメリットとデメリットがあります。
    自身のスキルや目標に合わせてフリーランスか起業を選択する際には、リスクと安定性のバランスを考慮することが重要です。

    また、フリーランスとして働く場合には、エージェントを活用することで、仕事に集中できます。
    最終的な選択は個人の状況によって異なりますが、自身のスキルや目標、リスク許容度、収入の安定性などを考慮し、将来のビジョンや生活スタイルに合った選択をすることが大切です。
    自分自身の能力を最大限に活かして、成功への道を進んでいきましょう。

    今すぐシェアしよう!

    B!
    <span class="translation_missing" title="translation missing: ja.layouts.footer.icon_back_to_top">Icon Back To Top</span>
    TOP