お役立ちコンテンツ | フリーランスエンジニアの案件・求人なら【テクフリ】

データサイエンティストに役立つ資格6選! 【資格取得のメリットや将来性、案件情報も紹介】

2023.06.20

sake

freelance

目次

    データサイエンティストとは、顧客の課題を解決するために、データの収集や分析を行うスペシャリストです。

    • 効果的なマーケティング戦略やターゲット選定をしたい
    • 需要や売上を予測したい
    • ユーザーの嗜好や行動データを分析してパーソナライズな商品を提供したい

    といった顧客の課題解決に貢献するのが、データサイエンティストの役割になります。
    データサイエンティストを目指すエンジニアにとって、適切な資格を取得することは重要なステップです。

    この記事ではデータサイエンティストに役立つ資格やそのメリット、将来性、年収、そして案件情報について紹介します。

    • データサイエンティストに興味があり、データ分析関連のスキルを身につけたい
    • 既にデータサイエンスやデータ分析の仕事をしているが、さらにスキルや知識を向上させたい
    • データサイエンスの将来性や収入の展望について興味がある

    という人は、ぜひ参考にしてみてください。

    データサイエンティストの案件を探してみる

    データサイエンティストとは

    人形

    データサイエンティストは、ビッグデータや複雑なデータセットから有用な情報を抽出し、ビジネスに活かす職業です。
    データの収集・分析・解釈のスペシャリストとして、データサイエンス、統計学、機械学習などの知識とスキルを駆使してビジネスの課題を解決します。

    また、データサイエンティストはプログラミング、統計学、機械学習、データベースなどのスキルを持つことが求められます。
    データサイエンティストを目指すためには、これらの知識が身につく資格や実務にチャレンジすると良いでしょう。

    データサイエンティストに役立つ資格

    資格取得

    データサイエンティストに必要な知識とスキルを身につけるのに役立つ資格には、以下のようなものがあります。

    • 基本情報技術者試験
    • 統計検定
    • データベーススペシャリスト試験
    • G検定・E資格
    • データサイエンティスト検定
    • オラクルマスター

    資格を取得することで、データサイエンティストとして活躍するための転職や昇進に有利になることもあるでしょう。
    資格を取得するメリットについては、後ほど詳しく解説します。

    以下では、それぞれの資格について紹介します。

    基本情報技術者試験

    基本情報技術者試験は、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施する国家試験です。ITに関する基礎的な知識と技能を有する技術者を認定する試験になります。

    データサイエンティストは、ITに関する基礎的な知識を必要とします。
    基本情報技術者試験は、以下のようにITに関する幅広い領域にわたる知識が問われる試験です。

    • ネットワーク
    • データベース
    • プログラミング
    • システム開発

    基本情報技術者試験に合格することで、ITに関する基礎的な知識が身に付き、データサイエンティストとしてのスキルアップにつながります。

    統計検定

    統計検定は、日本統計学会が主催する統計学の試験です。
    統計学の知識とスキルを評価するための資格試験になります。

    データサイエンティストはデータの分析やモデリングで統計手法を使用するため、統計学の基礎知識は必須です。
    この試験は、統計学の基本的な理論や応用に関する知識をテストし、統計データの扱い方や解釈方法を評価します。

    統計検定を通して統計データの扱い方を習得することで、データサイエンティストの業務にも活かせるスキルが身につくでしょう。

    データベーススペシャリスト試験

    データベーススペシャリスト試験は、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施する国家試験です。
    データベースの設計・構築・運用・管理に関する高度な知識と技能を有する技術者を認定する試験です。

    データベーススペシャリスト試験は、データサイエンティストに役立つ資格です。
    データサイエンティストは、データベースを効果的に活用して、データの分析や解釈を行います。
    データベーススペシャリスト試験に合格することで、データベースの知識とスキルが身に付き、データサイエンティストとしてのスキルアップにつながります。

    データベーススペシャリストは、IPAが主催する情報処理技術者試験のひとつで、基本情報技術者試験よりも難易度が高いです。
    合格すると転職や案件応募のときのアピールポイントにできるので、頑張って合格を目指しましょう。

    G検定・E資格

    G検定やE資格は、一般社団法人日本ディープラーニング協会が主催する資格試験です。
    G検定は、データサイエンスの基礎知識を問う資格試験で、E資格はディープラーニングを扱うエンジニアに必要な知識を問う資格試験になります。

    G検定は、データサイエンティストに必要な知識を幅広く網羅しており、マネージャーやエンジニアなど、データサイエンスに関わる全ての人に役立つとされています。
    また、E資格はディープラーニングの理論を理解して適切に扱えるスキルの証明になる資格です。
    どちらもデータサイエンティストに必要なスキルであるといえるでしょう。
    データサイエンティスト検定
    データサイエンティスト検定は、一般社団法人日本データサイエンティスト協会が主催する、データサイエンティストの能力を測る資格試験です。

    データサイエンティスト検定は、データ分析や機械学習などの技術的な知識だけでなく、ビジネス的な視点からの問題解決能力も問われます。
    データ分析を通して顧客の課題を解決する、データサイエンティストに適した資格といえるでしょう。

    オラクルマスター

    オラクルマスターは、オラクル社が認定するデータベース技術者向けの資格です。
    オラクルのデータベース技術に関する知識とスキルを認定する資格になります。

    オラクルはビジネスにおいて広く使用されているデータベース管理システムです。
    データサイエンティストが企業でデータベースを操作・管理する際には、オラクルの知識と経験が求められる場合があります。
    また、オラクルに限らず他のデータベースを扱うときにも必要なSQLなどの問題も出題されるため、データサイエンティストとしてデータベースのデータを扱うスキルを身に着けたい人におすすめの資格です。

    データサイエンティストが資格を取得するメリット

    資料

    データサイエンティストが資格を取得するメリットとしては、おもに以下の点が挙げられます。

    • スキルの証明になるため自己アピールできる
    • 高度な知識や技術を体系的に学べる
    • 新たな機会の創出につながる

    スキルの証明になるため自己アピールできる

    データサイエンティストとしての資格を取得することで、自分のスキルや知識を客観的に証明できます。

    資格は企業やクライアントに対して、データ分析やモデリングなどの業務において高いレベルの能力を持っていることを示すものです。
    資格を保持していることは、転職や昇進の際に大きなアピールポイントとなります。
    資格を取得することで、自分のスキルを向上させるモチベーションにもなるでしょう。

    自分のスキルや知識を第三者に認めてもらう手段として、資格取得を活用するのもよいでしょう。

    高度な知識や技術を体系的に学べる

    資格取得のための勉強では、データサイエンスの高度な知識や技術を体系的に学べます。
    例えば、統計検定を取得することで統計学の知識が深まります。

    資格取得のための勉強をすることでデータサイエンスの基礎を固めて、より高度なスキルが身に付きます。

    専門的な知識を学んで習得することによって、プロジェクトや案件で特定の分野において、より専門家としての役割を果たせるようになるでしょう。

    新たな機会の創出につながる

    データサイエンティストとしての資格を持つことで、新たな仕事や研修の機会につながる場合もあります。
    企業や組織がデータサイエンスに取り組む際に、持っている資格はあなたの能力を判断する材料のひとつになります。

    また、資格を取得することで、データサイエンスの分野で活躍している人々とのネットワークを築けることもあるでしょう。
    資格の取得や資格取得のための勉強をとおして人脈を広げることで、キャリアアップやビジネスチャンスにつながります。

    データサイエンティストの将来性

    棒グラフ

    データサイエンスの需要は急速に成長しており、将来的にもその需要は高まると予測されています。

    データサイエンスの分野は急速に進化しており、新たな技術や手法が日々開発されています。
    機械学習、人工知能、ディープラーニングなどの技術が進歩して、より高度な予測モデルやデータ分析手法が生まれているのです。
    これにより、データサイエンティストとして、より複雑な問題に取り組むことが求められるようになるでしょう。

    また、ビッグデータの急速な増加もデータサイエンティストの需要を推進しています。
    インターネット、ソーシャルメディア、センサーデバイスなどから生成される大量のデータが存在し、そのデータから価値を引き出すためにはデータサイエンスの専門知識が必要です。
    企業や組織はデータ駆動型の意思決定を行いたいと考えており、データサイエンティストはその需要を満たすために重要な存在です。

    データの重要性がますます認識され、データに基づいた意思決定がますます求められるようになるにつれて、データサイエンティストの需要も高まります。

    さらに、データサイエンティストは幅広い業界でキャリアを築けるという特徴もあります。
    データ分析を必要とする業界は、以下のようにさまざまです。

    • マーケティング
    • 金融
    • ヘルスケア
    • エネルギー
    • 交通
    • 小売り

    データサイエンティストとしてスキルや経験を積むことで、幅広い業界から求められる市場価値の高い人材となるでしょう。

    ビッグデータの利活用や機械学習の進展により、企業や組織はますますデータサイエンティストの専門知識とスキルを必要としています。
    データサイエンティストの将来性は非常に高く、今後も需要が増え続けるでしょう。

    データサイエンティストの年収

    計算機

    データサイエンティストの年収は、経験や業界などによっても異なります。
    しかしデータサイエンティストは需要が高いため、他の職種と比べても高い年収を期待できる職業です。

    データサイエンティスト協会が2020年に実施したアンケートによると、データサイエンティストの平均年収は791万円でした。
    参考:データサイエンティストのリアル

    データサイエンティストはデータ分析や機械学習などのスキルを持ち、企業のビジネスに貢献することが期待されています。
    そのため、高いスキルを持つデータサイエンティストは、高い年収を得られる可能性があります。

    先ほど紹介したデータサイエンティストに役立つ資格も参考に、スキルや知識を増やして、年収アップを目指しましょう。

    まとめ

    女性社員

    データサイエンティストとは、データを分析して企業の課題解決に活用する専門家です。
    今回はデータサイエンティストに役立つ資格として、以下の6つを紹介しました。

    • 基本情報技術者試験
    • 統計検定
    • データベーススペシャリスト試験
    • G検定・E資格
    • データサイエンティスト検定
    • オラクルマスター

    資格を取得するメリットとしては、専門知識の獲得やスキルの証明、就職や転職の際にアピールポイントになる点が挙げられます。
    ビッグデータの増加や技術の進化により、データサイエンティストの役割はますます重要となっています。
    データサイエンティストの将来性は高く、需要が拡大していくでしょう。

    今回紹介した内容を参考に、データサイエンティストに役立つ資格を取得して、データ分析のスペシャリストを目指しましょう。

    データサイエンティストの案件を探してみる

    今すぐシェアしよう!

    B!
    <span class="translation_missing" title="translation missing: ja.layouts.footer.icon_back_to_top">Icon Back To Top</span>
    TOP