お役立ちコンテンツ | フリーランスエンジニアの案件・求人なら【テクフリ】

SAPエンジニアとは?【仕事内容や将来性について解説】

2023.06.26

sake

freelance
SAP

目次

    SAPエンジニアの仕事に興味があるものの、SAPエンジニアの仕事内容がよく分からない、という方も多いのではないでしょうか。
    SAPを導入することで業務の効率化を図れるものの、現在SAPを扱える人材は多くないため、SAPエンジニアは需要の高い職種のひとつです。

    本記事では、SAPエンジニアとは何かについて解説します。
    SAPエンジニアの仕事内容や必要なスキル、将来性などを詳しく解説していますので、SAPエンジニアに興味がある方はぜひ参考にしてください。

    SAPとは

    PC作業

    SAPとは、ドイツのソフトウェア企業であるSAPが開発したERPパッケージです。

    ERPは「Enterprise Resources Planning」の略であり、経営業務を効率的に管理するために使う統合基幹業務システムのことです。
    具体的には製品の売上や生産数、従業員の給与、顧客数といった事業をするうえで欠かせない情報を1つのシステムで管理します。

    ERPパッケージを使うことで社内の重要情報を一元管理できるようになり、人事部や経営層が会社の状況を把握しやすくなります。
    その結果として事業の改善点などをいち早く見つけられるようになり、事業の成長速度を早められる効果も期待できます。

    ERPパッケージにはさまざまな種類がありますが、中でもSAPは世界中で広く使われています。
    一般企業だけでなく官公庁などにおいても導入されていることから、その信頼性と利便性の高さがお分かりいただけるでしょう。

    なお、SAPについてはSAP2027年問題が注目されています。
    SAP 2027年問題とは、SAP社の基幹業務システム「SAP ERP 6.0」の標準サポート期限が2027年末に終了することにより、セキュリティ上の脆弱性や機能の改善が受けられなくなる問題です。

    SAP 2027年問題は、SAP ERP 6.0を利用している企業にとって、重要な経営課題となっています。
    早期に対策を検討し、自社にとって最適な対応策を策定することが重要といわれているため、適切な提案ができるSAPエンジニアの需要は今後もさらに高まるでしょう。

    SAPエンジニアとは

    PCモニター

    SAPエンジニアは、文字通りSAPに関わる業務を担当するエンジニアのことです。
    SAPは多くの企業にとって利便性が高いERPパッケージではあるものの、SAPを自社向けにカスタマイズして効率よく使えるようにするには、多くの専門知識が必要となります。
    そのため企業は、SAP関連に特化したSAPエンジニアというポジションを設けることがあるのです。

    SAPエンジニアとして案件に参画するには、求められるスキルを身につけ、SAPを通じて企業の生産性を高められることをアピールしなくてはいけません。
    SAPエンジニアに具体的にどのようなスキルが求められるかについては、後ほど詳しく解説します。

    また、SAPエンジニアとして実績を残した後は、SAPコンサルタントやプロジェクトマネージャーといったさらに上流工程の仕事にキャリアアップする方も多いです。
    キャリアアップすることでより裁量権を多く与えられるようになり、給与もアップする傾向があります。

    SAPエンジニアの仕事内容

    外で作業

    SAPエンジニアの仕事内容について解説します。
    SAPエンジニアは単にプログラミングをするだけでなく、SAPに関わる幅広い仕事を任せられることが多いです。
    SAPエンジニアの仕事内容は大きく次の3つに分けられます。

    • パラメータ設定
    • アドオン開発
    • コンサルティング

    SAPエンジニアとして働くためには、これらの仕事をこなしていかなくてはいけません。
    以下では、SAPエンジニアの仕事内容について詳しく解説していきます。

    パラメータ設定

    パラメータ設定とは、SAPを自社で使えるようにSAPの管理画面から各パラメータを変更する作業のことです。
    たとえば、会社情報や画面に表示させる項目を決めていきます。

    SAPはさまざまな企業の業務に対応できるように作られていますが、自社で効率的に活用するためには自社用にカスタマイズしなくてはいけません。
    SAPのパラメータは項目数が非常に多く、設定方法も複雑であるため、専門のスキルを持った人材が必要です。

    パラメータ設定では具体的に、以下の項目を調整します。

    • 会社情報:会社名や所在地、業種など
    • 業務情報:扱う商品やサービス、取引先など
    • 画面表示:表示する項目や並び替えなど
    • 動作設定:処理の優先度やログの記録など

    パラメータ設定は、SAPを自社で運用するうえで必須の作業です。
    SAPエンジニアは、SAPのパラメータの知識とスキルを身につけて、自社に最適な環境を構築することが求められます。

    アドオン開発

    アドオン開発とはSAPに追加する機能を開発することです。
    アドオンとはプラグインや拡張機能とおおよそ同じ意味と捉えて問題ありません。
    Chromeなどのブラウザに拡張機能を追加するとより便利に使えるのと同じように、SAPにアドオンを追加することでより自社向けにカスタマイズできます。

    アドオン開発には、以下の2つの種類があります。

    • カスタマイズ:SAPの標準機能を設定やプログラムの変更により開発する手法です
    • アドオン:SAPの標準機能とは独立した機能を新たに開発する手法です

    カスタマイズは、比較的簡単にできるため、小規模な変更に適しています。
    一方、アドオンは、比較的難易度が高いため、大規模な変更や新機能の追加に適しています。
    アドオン開発は、SAPをより効果的に活用するために重要な手段です。
    顧客のニーズに合わせたアドオン開発ができるエンジニアを目指しましょう。

    コンサルティング

    SAPエンジニアとしてキャリアを形成していくためには、コンサルティングに関する知識も必要となるでしょう。
    SAPエンジニアとして実績を積むと、開発だけでなくコンサルティングも担当することがあります。
    コンサルティングでは、クライアントに対してSAPの導入や運用に関するアドバイスをしなくてはいけません。
    SAPの導入・運用に関しては、企業課題を分析したうえでアドバイスをする必要があるため、論理的思考力や経営知識が求められます。

    コンサルティングに関しては、SAPエンジニアになるために必須のスキルというほどではありませんが、SAPエンジニアとしてより活躍するためには身につけたいスキルです。
    コンサルティングなどの上流工程の仕事を担当できれば、収入のアップにも繋がります。
    SAPの技術的なスキルだけではなく、それを用いてどう企業の課題を解決するかを考えられるエンジニアを目指していきましょう。

    コンサルティング能力を伸ばしていくために必要なスキルは以下のとおりです。

    • 論理的思考力
    • 経営知識
    • ヒアリングスキル
    • プレゼンテーションスキル

    コンサルティングスキルを身につけるには、業務プロセス改善の手法や経営戦略などの知識を習得する必要があります。
    セミナー受講や資格取得などを通じて業務コンサルティング力を高めていきましょう。

    SAPエンジニアの年収

    座る女性

    テクフリに掲載されている案件の単価情報をご紹介いたします。
    テクフリにはSAPエンジニア関連の案件もいくつかあり、その多くが月単価100万円以上です。

    特にプロジェクト全体管理、ベンダー決定後のコントロールといった上流工程の案件は単価が高く、月単価が150万円を超えている案件もあります。

    現時点でのSAPエンジニアの案件はそれほど多くはありませんが、SAP関連のスキルを身につけているエンジニアも多くはないため、競争率はそれほど高くないことが予想されます。
    SAPエンジニアとしてのスキルをしっかり身につけ、これまでの実績を上手くアピールできれば月単価100万円超えのSAP案件に関われる可能性もあるでしょう。

    SAPエンジニアに必要なスキル

    握手

    続いて、SAPエンジニアに必要なスキルについて解説します。
    SAPエンジニアはプログラマーやシステムエンジニアなどとはまた別種類のエンジニア職であり、求められるスキルも全く異なります。
    SAPエンジニアを目指すなら、SAPエンジニアに特化したスキルを身につけることが近道と言えるでしょう。

    SAPエンジニアに特に必要なスキルは次の3つです。

    • ABAP
    • Java
    • SAPのモジュールに関するスキル

    これらのスキルは最低限身につけないと、SAPエンジニアとして案件に関わることが難しくなるため、優先して身につけるようにしましょう。
    以下では、SAPエンジニアに必要なスキルについて詳しく解説していきます。

    ABAP

    SAPのアドオンを開発するには、ABAPというプログラミング言語の知識が必要となります。
    ABAPはSAPでのみ使われる言語であるため、SAPエンジニアを目指す場合は新たに習得しなくてはいけません。

    ABAPは構造化プログラミング言語であり、文法的にはCOBOLと似ています。
    ただ、近年はオブジェクト指向も取り入れています。
    学習サイトの多くはABAPの教材を用意していないため、ABAPを学びたい方は参考書を購入するのが良いでしょう。

    Java

    最近のSAPではABAPだけでなくJavaも利用できるようになってきたため、Javaのスキルも身につけた方が良いでしょう。
    Javaは業務システムや基幹システムの開発でも使われている有名な言語です。
    汎用性が非常に高いため、Javaを身につけることで幅広い案件に参画できるメリットがあります。

    SAPのモジュールに関するスキル

    SAPのモジュールに関するスキルも必要です。
    SAPでは関連する業務を1つのモジュールにまとめてあります。
    SAPのモジュールは大きく分けて次の4つです。

    • 会計モジュール
    • ロジスティックモジュール
    • 人事モジュール
    • その他のモジュール

    会計モジュールには、財務会計や管理会計、販売会計などの機能があります。
    ロジスティックモジュールとは、購買、在庫、発注、販売などのサプライチェーン機能を管理するものです。
    人事モジュールは、人事部門の業務を支援する機能を持っており、給与計算、勤怠管理、採用管理などができます。
    その他にもCRM、BI、PMなど多岐にわたるモジュールがあり、業務要件に合わせてカスタマイズしていきます。
    SAPエンジニアには、各モジュールの基本機能、データ構造、処理の流れを理解し、要件に応じて適切なモジュールを提案・構築できるスキルが必要です。

    SAPエンジニアのキャリアパス

    笑顔の女性

    SAPエンジニアには、以下のようなキャリアパスがあります。

    • プログラミングエンジニア:SAPのシステム開発の基礎を身につける。
    • システムエンジニア:クライアントの要件をヒアリングし、システム設計をする。
    • プロジェクトマネージャー:プロジェクトの全体を統括し、開発を進める。
    • SAPコンサルタント:企業の経営課題を分析し、SAPを活用した解決策を提案する。

    プログラミングエンジニアやシステムエンジニアは、SAPの開発実務や構築したシステムの保守運用を担当します。

    プロジェクトマネージャーは、プロジェクトのリーダーやマネージャーとして、プロジェクトを成功に導く役割です。
    大規模プロジェクトの管理、プロジェクト要員の育成などをします。

    以下では、SAPコンサルタントやそれ以外のキャリアについて見ていきましょう。

    SAPコンサルタント

    SAPコンサルタントは、業務要件定義からシステム設計、構築、導入支援までを担当します。
    コンサルティングスキルが求められ、プロジェクトリーダーを務めるケースも多いです。

    SAPコンサルタントとして活躍するためには、以下のスキルが求められます。

    • SAPのシステム開発・運用に関するスキル
    • コンサルティングに関するスキル
    • ビジネスに関する知識

    SAPコンサルタントは、企業の経営課題解決に貢献できる人材として、高い収入も狙える職種です。

    SAP以外のERPエンジニア

    SAP以外のERPエンジニアは、SAP以外のERPパッケージのシステム開発や運用をする職種です。

    SAP以外のERPエンジニアとして活躍するためには、以下のスキルが求められます。

    • SAP以外のERPパッケージに関するスキル
    • プログラミングに関するスキル
    • ビジネスに関する知識

    SAPエンジニアとしての経験を活かして、他のERPパッケージのエンジニアとして転職することも可能なので、幅広いキャリアパスを検討してみましょう。

    SAPエンジニアの将来性

    ネットワーク

    SAPエンジニアの案件は多いとは言えないため、SAPエンジニアの将来性を心配する方もいるかもしれません。
    ですが、SAPエンジニアの将来性は十分にあると言えます。
    SAPは世界中で使われているERPであり、企業のグローバル化が進められている昨今、需要が更に高まる可能性が高いです。

    また、日本では少子高齢化が進んでおり、多くの企業にとって業務効率化や意思決定の速度を速めることは重要課題となっています。
    そのため優秀なSAPエンジニアの力を借り、SAPを通じて基幹業務の効率化を図りたい企業は多いと予想されるでしょう。

    ただし、SAPエンジニアはSAPという1つの会社の製品に依存する仕事であることは頭に入れておきたいポイントです。
    つまり、SAPの動向に左右されやすい仕事ということです。
    たとえばSAPに大規模な仕様変更があった場合、SAPエンジニアは再度スキルを習得しなおさなければいけない可能性があります。
    SAPエンジニアはSAPの動向にも気を配りつつ、最先端のスキルを身につけていくことを意識することが大切です。

    未経験からSAPエンジニアになるには

    未経験からSAPエンジニアになるためには、以下の方法があります。

    • SAPのトレーニングを受講する
    • SAPの書籍やWebサイトを活用する
    • SAPの資格を取得する
    • SAPの導入・運用プロジェクトに参加する

    未経験からSAPエンジニアになるには、SAPの知識やスキルを身につけることに加え、実践的な経験を積むことが重要です。
    また、SAP関連のセミナーやイベントに参加したり、オンラインコミュニティなどに参加するといった仲間づくりをするのも良いでしょう。

    未経験からSAPエンジニアになるには、時間と努力が必要です。
    しかし、SAPに関する知識やスキルを身につけることで、SAPエンジニアとして活躍できるようになります。
    取り組めそうなところから少しずつ取り組んでみましょう。

    SAPエンジニアのフリーランス案件

    タブレット

    SAPエンジニアの案件の多くは高単価であるため狙い目です。
    SAPエンジニアとして案件に参画したい方は、ぜひこちらから案件情報をご確認ください。

    SAPエンジニアの案件を探す

    まとめ

    タイピング

    本記事では、SAPエンジニアの仕事内容や必要なスキルなどについて解説しました。
    SAPはERPの中でもシェア率が高く、日本でも多くの企業で使われています。
    しかし、SAPを扱える人材は多くないため、エンジニアとしての市場価値を高めるためにSAPエンジニアを目指すのはおすすめです。

    一方で、SAPエンジニアは幅広い仕事をこなす必要があるため、求められるスキルも多岐にわたります。
    これからSAPエンジニアを目指す方は、まずは参考書を通じてプログラミング言語であるABAPを学ぶところから初めてみましょう。
    そして徐々にパラメータ設定やアドオン開発の技術を身につけていけば、SAPエンジニアとして参画できるようになります。
    SAPで開発するための必要なスキルや経験を身につけて、SAPを導入することで企業の課題を解決するという価値を生み出せるSAPエンジニアを目指しましょう。

    今すぐシェアしよう!

    B!
    <span class="translation_missing" title="translation missing: ja.layouts.footer.icon_back_to_top">Icon Back To Top</span>
    TOP