お役立ちコンテンツ | フリーランスエンジニアの案件・求人なら【テクフリ】

iOSエンジニアの仕事内容や必要なスキルとは?【年収や将来性・案件情報を徹底解説】

2023.08.07

sake

freelance
iOSエンジニア

目次

    iOSエンジニアとは、iOS上で動作するアプリケーションを開発するエンジニアです。

    iOSとは、Apple社のスマートフォンやタブレット端末向けのソフトウェアです。
    Apple社の製品は、世界中で多くのユーザーに愛用されています。

    iOSエンジニアは、ユーザーエクスペリエンスの向上や新技術を活用してユーザーのニーズに応えるアプリケーションの開発が求められます。
    iOSエンジニアの需要は高く、モバイルテクノロジーの進化が続く限り、将来性のある職種といえるでしょう。

    この記事ではiOSエンジニアの仕事内容や必要なスキル、将来性、年収、そして案件情報について紹介します。

    • iOSエンジニアの仕事内容が気になる
    • iOSエンジニアになるために必要なスキルや知識が何か気になる
    • iOSエンジニアの年収や将来性が気になる

    という方は、ぜひ参考にしてみてください。

    iOSエンジニアとは

    スマートフォンと様々なアプリのアイコン

    iOSエンジニアは、Apple社のモバイルオペレーティングシステムであるiOS向けにアプリケーションを開発するプロフェッショナルです。

    iOSエンジニアは、アプリケーションの設計からテスト、リリース、そしてメンテナンスまで、アプリのライフサイクル全体に関与します。
    具体的には、SwiftやObjective-Cなどのプログラミング言語を用いて、iPhoneやiPadなどのiOSデバイスで動作するアプリを設計・実装します。

    また、UI(ユーザーインターフェース)やUX(ユーザーエクスペリエンス)の設計に携わることも多く、ユーザーに使いやすく魅力的なアプリを開発するスキルも重要です。

    iOSのバージョンやデバイスは定期的に更新されます。
    iOSエンジニアは、新しいiOSバージョンやデバイスの登場に対応するために、常に最新の開発ツールやテクノロジーに関する知識を保持している必要があります。開発したアプリケーションの品質向上やバグ修正などの保守対応も、iOSエンジニアの仕事です。

    iOSエンジニアとは、ユーザーエクスペリエンスの向上と技術の進化を結びつけ、革新的なモバイルアプリケーションの開発に貢献するエンジニアです。
    iOSエンジニアは、技術だけでなくコミュニケーションやチームワークも大切であり、両者のバランスを保ちながら成長していくことが求められると覚えておきましょう。

    iOSエンジニアの仕事内容

    スマホとPCを操作する手

    iOSエンジニアはユーザーに価値あるアプリケーションを提供するため、設計からメンテナンスまで幅広い業務に携わります。

    iOSエンジニアの仕事内容は、以下のとおりです。

    • アプリケーションの開発
    • Apple社から最新情報をキャッチアップ
    • アプリ運用に必要なメンテナンス

    ここでは、それぞれについて紹介します。

    アプリケーションの開発

    iOSエンジニアの業務内容として1番重要なのは、アプリケーションの開発です。
    アプリの開発には、iOSアプリとWebアプリの2つの方法があります。
    iOSアプリはiPhoneやiPadなどのiOSデバイス向けのアプリで、WebアプリはWebブラウザで動作するアプリです。

    iOSアプリは、ネイティブコードで構築されており、iOSデバイスのハードウェアやソフトウェアと密接に連携できます。
    そのため、Webアプリに比べてパフォーマンスが優れていることや、ユーザーインターフェースがより洗練されている点が特徴です。
    iOSアプリの開発には、SwiftやObjective-Cなどのプログラミング言語、Xcodeなどの開発ツール、そしてiOSのフレームワークやライブラリを使用します。

    Webアプリは、HTML、CSS、JavaScriptなどのWeb技術で開発されており、Webブラウザで動作します。
    そのため、iOSアプリに比べて開発が容易で、マルチプラットフォームに対応している点が特徴です。
    しかし、iOSアプリに比べてパフォーマンスが劣ることや、ユーザーインターフェースがiOSデバイスに最適化されていないというデメリットもあると覚えておきましょう。

    アプリの開発方法は、アプリの目的やターゲットユーザーを加味して決めるのが一般的です。iOSアプリは、パフォーマンスやユーザーインターフェースを重視するアプリに適しています。
    一方でWebアプリは、開発の容易さやマルチプラットフォームへの対応を重視するアプリに適しています。

    エンジニアとしての市場価値を高めたいのであれば、iOSアプリとWebアプリの両方に対応できるエンジニアを目指すのもいいでしょう。

    Apple社から最新情報をキャッチアップ

    iOSエンジニアは、Apple社から提供される最新の情報に常にキャッチアップする必要があります。

    Appleは定期的に新しいバージョンのiOSをリリースして、新しい機能やフレームワークを導入します。
    Apple社から発信される最新情報の例は、以下のとおりです。

    • 新しいiOSのリリース情報
    • 新しいフレームワークやライブラリの情報
    • セキュリティに関する情報

    iOSエンジニアは、これらの最新情報を理解して開発済みのアプリに影響がないか確認します。
    iOSの更新内容によっては、アプリの修正が必要になることもあると押さえておきましょう。

    アプリ運用に必要なメンテナンス

    アプリケーションの開発が終わった後も、iOSエンジニアの仕事は終わりません。
    iOSエンジニアは、アプリのリリース後も、アプリの運用に必要なメンテナンスを継続する必要があります。

    アプリの運用に必要なメンテナンスとしては、以下のようなものがあります。

    • アプリのアップデート
    • バグの修正
    • セキュリティの脆弱性への対応

    iOSエンジニアに必要なスキル

    スマホを操作する手

    iOSエンジニアになるために必要なスキルは以下のとおりです。

    • プログラミングスキル
    • 開発環境に関する知識
    • 英語力

    これらのスキルは、iOSエンジニアとして活躍するために必要な基礎的なスキルです。
    iOSエンジニアとしてのキャリアアップを目指している人は、まずは基礎的なスキルの習得からチャレンジしてみましょう。

    プログラミングスキル

    iOSエンジニアにとって、プログラミングスキルは不可欠です。

    主に使用されるプログラミング言語にはSwiftとObjective-Cがあります。
    SwiftはAppleによって開発された近代的な言語で、直感的な文法と高速な実行性能を備えています。
    一方、Objective-Cは以前から使われている言語で、既存のアプリケーションのメンテナンスやレガシーコードの取り扱いに必要です。

    これらの言語に加え、データ構造やアルゴリズムの理解も重要です。
    また、コードの品質を保つためのテストやデバッグのスキルも求められます。

    プログラミングスキルの高さは、アプリの品質やパフォーマンスに直結します。
    iOSエンジニアを目指す人は、まずプログラミングスキルを身につけましょう。

    開発環境に関する知識

    iOSエンジニアは、Xcodeという開発環境を使用します。

    Xcodeは、Appleが開発した統合開発環境で、iOSアプリの開発に必要なツールがすべて揃っています。
    iOS向けのアプリを開発するなら、まずはXcodeの使い方を習得しましょう。

    また、Xcodeは、iOSシミュレータを用いてアプリの動作をテストできます。
    iOSアプリを開発するには、実際のデバイスでの挙動を確認するスキルも必要です。

    この他にも、Xcodeにはバージョン管理システムやデバッグツールといった機能も搭載されているので、合わせて理解しておくとよいでしょう。
    Xcodeを活用して効率的にiOSアプリを開発しましょう。

    英語力

    iOSエンジニアは、英語を読み解く力が求められます。
    Appleは英語で技術ドキュメントやアップデート情報を提供しており、これらの情報を正しく理解するためには、ある程度の語学力が必要です。

    また、開発コミュニティやフォーラムでの情報交換やコードの共有も英語で行われることが多いため、コミュニケーション能力も重要です。

    英語の語学力があれば、最新の技術情報にアクセスしたり、他のエンジニアと交流したりできます。英語力を身に着けてトレンドに強いiOSエンジニアを目指しましょう。

    iOSエンジニアの需要と将来性

    ミーティングをする男女

    iOSエンジニアは、将来性のある職業です。

    iOSデバイスの市場規模は年々拡大しており、iOSエンジニアの需要も高まっています。
    iOSアプリ提供者は、トレンドやニーズの変化に合わせて、新しいアプリの開発や既存のアプリをアップデートする必要があります。
    企業やクライアントと一緒にユーザーエクスペリエンスの向上やビジネス戦略を検討できるスキルがあると、より需要が高いエンジニアになれるでしょう。

    このように、iOSアプリに対するユーザーの期待は高まり続けており、iOSエンジニアには以下のような多岐にわたるスキルと知識が求められます。

    • ユーザーインターフェースの向上
    • パフォーマンスの向上
    • セキュリティの強化

    iOSアプリを開発するスキルだけではなく、より使いやすく安全なアプリを開発できるスキルを身に着けると良いでしょう。

    また、Appleは定期的に新しいiOSバージョンやデバイスを発表しており、これに対応するアプリ開発が求められます。
    これにより、iOSエンジニアは常に最新技術をキャッチアップして、アプリの互換性や最適化を保つ役割を果たします。

    モバイルテクノロジーの進化が続く限り、iOSエンジニアの需要は高い傾向が続くと言えるでしょう。
    iOSエンジニアには、新しい技術やトレンドに適応できる能力が求められるため、常にスキルの向上を意識し続けることが重要です。

    iOSエンジニアの年収

    プログラムのコード

    求人ボックスによると、iOSエンジニアの平均年収は650万円です。
    参考求人ボックス

    また、さまざまなフリーランスエージェントの案件を取りまとめているフリーランススタートによると、iOSエンジニアの平均月収は70万円です。
    税金などの計算もあるので一概にはいえませんが、年収にすると840万円になります。
    参考フリーランススタート

    ちなみに、国税庁による令和3年度の平均年収は443万円です。
    iOSエンジニアの平均年収は、全給与所得者の平均年収よりも200万以上も高い水準ともいえるでしょう。
    参考国税庁「令和3年分 民間給与実態統計調査」

    とはいえ、iOSエンジニアの年収は、経験や能力、所在地などによって異なります。
    求人ボックスやフリーランススタートの統計を見ても年収が1000万円を超えている人もいます。
    iOSエンジニアとしてのスキルや経験を積み上げて、さらなる年収アップを狙いましょう。

    iOSエンジニアの案件情報

    スマホを操作する手

    iOSエンジニアの案件は、実務経験やスキルによって大きく異なります。
    このため、自分の経験やスキルに合った案件を探すことが重要です。

    iOSエンジニアの案件情報は、以下のようなサイトで検索できます。

    • 求人サイト
    • 転職サイト
    • フリーランスエージェント

    ここではいくつかの案件情報を紹介します。
    あなたの希望にあった案件がないかチェックしてみましょう。

    案件名 Swift/フルリモート/コンシューマ向けのアプリ開発
    月額単価 〜660,000円/月
    最寄駅 在宅
    業務内容 【開発言語】Swift
    【開発環境】Mac(M1チップ or M2チップ)での開発
    APPStoreに公開するコンシューマ向けのアプリ開発です。
    付随するデータ移行やWEB画面の開発もお願いすることがあるため、
    今はできなくても柔軟に覚えて対応する意思があり、受け身ではなく自分から動ける方を募集しております。
    基本スキル ・Swiftでの開発を一人称で行える方(目安として3年以上の経験)
    案件名 iOS/Android/週3/フルリモート/自社大規模学習支援プラットフォームのネイティブアプリ開発
    月額単価 〜550,000円/月
    最寄駅 都庁前
    業務内容 自社サービスである、「小学校向け教育のDX化推進プロダクト」において、
    現在iOS/Androidで提供しているアプリの開発に携わっていただきます。
    現在は20名ほどのチームで、うちエンジニアチームは4名でモバイルアプリ〜サーバーサイド〜インフラ領域までを幅広く担当しています。
    基本スキル ・Kotlinを使ったAndroidアプリの開発経験
    ・Swiftを使ったiOSアプリの開発経験
    ・iOS/Androidアプリの長期間の保守・運用経験

    案件について相談する

    まとめ

    ペンを持ち話す男性

    iOSエンジニアは、AppleのiOSプラットフォーム上で動作するアプリケーションを開発します。

    iOSエンジニアの仕事内容は以下のとおりです。

    • アプリケーションの開発
    • Apple社から最新情報をキャッチアップ
    • アプリ運用に必要なメンテナンス

    iOSエンジニアに求められるスキルは以下のとおりです。

    • プログラミングスキル
    • 開発環境に関する知識
    • 英語力

    iOSエンジニアは、ユーザーエクスペリエンス向上や新技術への対応を通じて、革新的なアプリを生み出すことが求められます。
    Appleの新バージョンやデバイスの登場にも対応していく必要もあるため、市場価値や需要は高く、将来性のある職種といえるでしょう。

    iOSエンジニアは、やりがいのある仕事ですが、技術的なスキルや知識が必要な職業です。その分、平均年収も高い傾向にあります。
    今回紹介した内容を参考に、iOSエンジニアとしての一歩を踏み出してみましょう。

    案件について相談する

    今すぐシェアしよう!

    B!
    <span class="translation_missing" title="translation missing: ja.layouts.footer.icon_back_to_top">Icon Back To Top</span>
    TOP