お役立ちコンテンツ | フリーランスエンジニアの案件・求人なら【テクフリ】

AI(人工知能)にできること・できないことは?活用事例もあわせて解説します

2024.01.31

sake

AI
freelance

目次

    AIという言葉を耳にすると、どのようなことをイメージするでしょうか?
    専門的な知識を持たない方にとっては、複雑で理解しがたいもののように感じるかもしれません。

    しかし近年の技術の発達によってAIはすでに私たちの日常生活の中に溶け込んでおり、あなたが意識していないところでも利用していることがあります。

    Siriなどのスマートフォンのアシスタントやオンラインショッピングにおける商品のレコメンド機能、さらには自動運転車まで、AIは多岐にわたる分野で私たちの生活を豊かにしています。

    本記事では、AIとは何なのかについて簡単に紹介した上で、AIにできることできないことについて詳しく解説していきます。

    また、AIが活用されている具体的な事例に関してもいくつか紹介します。

    AIについて少しでも興味を持っているのであれば、この記事を読むことでAIについての基礎を学ぶことができるでしょう。

    一方でエンジニアとしてのキャリアをすでに築いている方は、トレンド技術への理解を深めることで、自身のスキルアップや今後のキャリアを検討する際の参考にしていただければ幸いです。

    AI(人工知能)とは

    AI

    AI(人工知能)は、私たちの生活やビジネス、科学に革命をもたらす技術です。

    これは単なるプログラミングではなく、機械が人間のように思考・学習して、問題を解決する能力を持っています。

    例えばコンピューターが大量のデータを解析して、そのデータから学習して新しいタスクを実行できるようになるというものです。

    AIは自動車から医療、教育、金融など、近年ではあらゆる業界に影響を及ぼしています。
    このテクノロジーは、単純な日常作業の自動化から複雑な意思決定プロセスの支援に至るまで、さまざまな場面で活躍しています。

    AIの魅力はその適応性と学習能力の高さであり、時間の経過とともにデータが蓄積されていくことによってそのパフォーマンス能力は向上していきます。

    データの収集・学習が進むことでAIが出力する回答の説得力が強くなるため、、生活やビジネスシーンにおけるAIの重要性は引き続き拡大していくでしょう。

    AI(人工知能)にできること

    AIにできること

    先述の通り、AIはビジネスから日常に至るまでさまざまな場面で活用されていますが、AIにできる代表的な4つのことについて、詳しくご紹介していきます。

    音声認識

    AIの音声認識技術は、スマートフォンのアシスタント、自動車のナビゲーションシステム、さまざまなスマートホームデバイスなど、私たちの周りのさまざまな製品やサービスに組み込まれています。

    これにより、手を使わずにデバイスを操作したり、自然言語でコマンドを入力して検索したりすることができます。

    さらに多言語対応の自動翻訳システムは、言語の壁を越えたコミュニケーションを促進していくために役立てられています。

    こうした音声認識技術の進歩によって、ユーザーは自然言語を用いてより簡単にデバイスへの入力・対話ができるようになり、システムの満足度が向上しています。

    画像認識

    AIの画像認識技術は、医療画像の解析からセキュリティカメラの監視、ソーシャルメディアの写真の自動タグ付けに至るまで、非常に多岐にわたる用途で活用されています。

    特に医療分野では、疾患の早期発見や診断の精度向上に貢献しており、人間の命を預かる医師のサポートという非常に重要な役割を担うこともあります。

    セキュリティ分野においては顔認識技術によって、個人の識別や不審な行動の検出が容易になり、安全性を高めることに貢献しています。

    さらに小売業界では、消費者行動の分析や店舗のレイアウト最適化など、ビジネスの改善に役立っている事例も少なくありません。

    このように、目視では見逃してしまうような画像の情報を認識・分析することによって、画像認識技術はさまざまな業界でその価値を生み出しています。

    データ処理

    AIによるデータ処理は、大量の情報を短時間で分析し、説得力のある洞察を導き出すことを補助してくれます。

    ビジネスシーンにおいては市場動向の分析や顧客行動の予測、在庫管理の最適化などにおいてAIのデータ処理技術が活用されています。

    科学研究の分野でも複雑なデータ分析を通じて新しい発見を促進し、研究のスピードを加速させてくれるという一面も持っています。

    さらに金融業界では、リスク管理、詐欺検出、アルゴリズム取引など、多岐にわたる分野でAIが利用されており、業界の効率化と革新を推進しています。

    膨大なデータが収集・蓄積されているこの時代において、データは非常に価値のある資源のひとつと言われています。
    したがって、収集したデータをAIによってさらに活用することができれば、ビジネスにおける意思決定をより迅速かつ正確にすることができるでしょう。

    異常探知

    AIによる異常探知機能は、製造業における品質管理から金融市場における詐欺検出まで、多くの分野で役割を果たしています。

    製造業では、製品の品質検査や生産プロセスの最適化にAIが利用され、不良品の早期発見やリソースの効率的な管理が可能です。

    金融業界では取引パターンの分析を通じて不審な取引を検出することによって、詐欺やマネーロンダリングといった不正のリスクを軽減しています。

    また、サイバーセキュリティの分野ではネットワーク上の異常な動きを監視して、セキュリティ侵害の兆候を早期に検出することで、情報の保護とシステムの安全性を高めています。

    このように、AIによる異常探知は事故や被害の防止を未然に防ぐために重要な技術であり、AIの進化によってさらに精度の高い検出が可能になっています。

    AI(人工知能)にできないこと

    AIにできないこと

    ここまでご紹介させていただいたように、AIにできることは多岐にわたる一方で、AIにできないこと、苦手としていることがあるのも事実です。

    AIにできないことを理解しておくことによって、AIへの理解をさらに深めることが可能です。ここでは、AIにできないことを2つご紹介します。

    人の感情を汲み取ること

    AIは論理的なデータ処理には長けている一方で、人間の感情を汲み取る能力などに限界があるのが現状です。

    感情の細かなニュアンス・文化的背景・個人的な経験など、感情を形成する要素は非常に複雑であり、これを完全に理解することは人間にも難しいと言えるでしょう。

    したがって、イレギュラーなやり取りが発生するカスタマーサービスや精神的なサポートなど、感情的な要素が重要とされる分野においては、AIの対応は人間の対話者には及ばないことがあります。

    人間との深い共感や理解を築くことは、現在のAI技術ではまだ完全に実現できていません。
    だからこそ、人間にしかできない部分とAIが得意な分野をうまく組み合わせることが重要と言えます。

    蓄積データのないタスク

    AIは学習と進化にデータが必要ですが、新しいタスクや状況においては適切なデータが存在しないことがあります。

    このような場合、AIは適応や学習が困難であり、新しい問題解決においては人間の直感や創造性を優先することも必要になります。

    たとえば、これまでに例がないような緊急事態や、完全に新しい種類の問題に直面した場合、AIは十分なデータに基づいて学習していないため、適切な解決策を提供することが難しいでしょう。

    最近ではAI画像の生成など、新たなコンテンツを創作できるようになってきましたが、それらの全てを任せることは以前として難しいのが現状です。
    革新的なアイデアの生成など、人間の創造的思考が必要な領域では、AIの能力の活用範囲が限られている点には注意しましょう。

    将来的にはもっと精度が高まる可能性は大いにありますが、現時点でこれらの分野では、AIをサポートツールとして使用しつつも、主導的な役割は依然として人間が担う必要があります。

    AI(人工知能)の活用分野

    AIロボット

    AIにできることやできないことについて理解していただいたうえで、ここではAIが実際に活用されている事例についていくつかご紹介します。

    実際の活用事例を知っておくことで、AIの可能性について具体的なイメージを膨らませていただければ幸いです。

    農業

    AIと農業という組み合わせをあまり想像できないという方もいらっしゃるかもしれませんが、実は農業の分野でもAIの技術が役立てられています。
    農業分野におけるAIの活用は生産性を向上させ、近年話題となっているSDGsの観点からも効果的な生産活動を促進しています。

    例えば衛星画像とAIを組み合わせた作物モニタリングシステムにより、農家は作物の成長状況をリアルタイムで把握して、灌漑や肥料の最適化を図ることが可能となります。

    さらにドローンを使用した自動収穫システムや、病気や害虫の早期発見システムもAIを活用して開発されています。

    これらのAI技術によって農業生産の効率化が進み、食料安全の分野でもAIが大いに貢献しているのです。

    チャットボットサービス

    ショッピングサービスや手続き関連の問い合わせなどにおいて、AIチャットボットを利用した経験のある方は多いのではないでしょうか。

    AIチャットボットは、顧客サービスの分野で非常に大きな進歩を見せています。

    これらのシステムは顧客の質問に24時間365日対応することができ、迅速かつ正確な情報を提供することが可能です。

    また、Eコマースサイトでは、購入者の購買行動や好みに基づいてパーソナライズされた製品推薦を行うことができ、顧客体験の向上に貢献しています。

    チャットボットの進化は企業と顧客との関係を強化し、より顧客満足度を向上させるための重要な役割を果たしていると言えるでしょう。

    AI関連の案件情報

    AI関連の案件

    AI分野のキャリア機会は急速に拡大しており、特にAIエンジニアやデータサイエンティストの需要は高まっています。

    企業はAIを活用した製品やサービスの開発を進めており、最近ではAI関連の技術力を兼ね備えた人材を募集する企業が増えてきました。

    また、AI技術の進展に伴い、倫理的な問題やプライバシーの保護などの新しい領域での専門家も必要とされています。

    この分野でキャリアアップしていくには、すでに持っているスキルだけではなく、最新の情報やスキルをキャッチアップする力なども要求されるため、多岐にわたるスキルセットと向上心を持つ人材が市場価値をさらに高めていくでしょう。

    AI関連知識を持つエンジニアへの需要が急増している一方で、そのようなエンジニア人材の数は他のポジションに比べて少ないため、知識を習得することで高年収を目指すことも可能となります。

    AI関連の案件を探す

    まとめ

    AIの手

    AIは私たちの生活や仕事に革新をもたらし続けていますが、できることとできないことを理解して、その能力を活用できる幅を知っておくことが重要です。

    AIは特定のタスクで人間を超える能力を持つ一方で、創造性や感情の理解、未知の状況への適応といった面では、まだ人間に劣っている部分もあります。

    今後更なる進化を遂げていく可能性は高いですが、現時点でのAIの活用においては、その強みを最大限に活かしつつ、人間の直感や判断力を補完的に組み合わせることが効果的です。

    ビジネスにおいては、AIを単なる自動化ツールとしてではなく、あくまで人間の能力を拡張する手段として捉えることが重要でしょう。

    また、AI技術の急速な進化に伴い、社会的・倫理的な課題への対応も求められています。

    AIのポテンシャルを最大限に活かすためには、テクノロジーと人間の協調、持続可能な発展、倫理的な利用に関する継続的な取り組みが必要です。

    これからの時代を生き抜くためには、AIの進化を理解してその変化に適応する柔軟性と学習意欲が重要となります。

    フリーランス案件を探す

    今すぐシェアしよう!

    B!
    <span class="translation_missing" title="translation missing: ja.layouts.footer.icon_back_to_top">Icon Back To Top</span>
    TOP