お役立ちコンテンツ | フリーランスエンジニアの案件・求人なら【テクフリ】

テスターとは?IT未経験でも可能!年収・スキル・将来性を徹底調査

2024.05.13

yamadamoyai

freelance
テスター

目次

    テスターとはシステムやアプリケーション、IT製品が正常に動くかをテスト・評価するエンジニアのことを指します。

    想定されるケースを洗い出し、テストを行うことでプログラムやデータベースの設計ミス、プログラム中のバグを発見し、製品の品質を向上させるのが役割です。

    テスター案件を探してみる

    テスターの仕事内容

    テスターの仕事は大きく4つに分けられます。

    テスト計画

    テスト計画は、テストの目的を決めて、そこから実施期間や人員配置、テスト完了の基準などを決めることです。

    ソフトウェア開発プロセスにおいて重要なステップと言えます。

    ソフトウェアが要求仕様を適切に満たしているか、バグやエラーが最小限に抑えられるかどうかなど、テストによって達成したい結果を示す必要があるでしょう。

    また、実施期間と人員配置の計画も重要です。
    テストの実施には時間とリソースが必要であり、開発チームと連携しながら、適切な期間と適任のテスターを配置しなければなりません。

    これにより、テストのスケジュールやリソースの予算を効果的に管理することができます。

    テスト設計

    テスト設計では、テスト計画をもとにして、用いるテスト技法やテストケースの洗い出しを行います。
    設計がきちんとされていないと、質の高いテストを実施できないので、緻密なテストケースの洗い出しはとても重要な業務です。

    テスト設計の過程では、ソフトウェアの仕様や要件を詳細に理解し、それに基づいて適切なテストケースを考案しなければなりません。

    異なるテスト技法を適用することで、さまざまな観点からソフトウェアを検証し、隠れたバグを見つけることが可能です。

    また、緻密なテストケースの洗い出しは、ソフトウェアの機能やバグをカバーし、品質を向上させることができます。

    テスト実施

    テストの実施では、設計されたテストケースを実施します。必要に応じてエビデンスを残しながら、想定どおりにプログラムや電子機器が作動するかをチェックしていきます。IT未経験からテスターになった場合は、この業務からスタートすることが大半です。

    テストの実施ではエビデンスを残すことが重要であり、問題が発生した際に原因を特定するための手がかりとなります。

    また、テストの過程で予想外の挙動やエラーが発見されることもあり、これを改善することは、ソフトウェアの品質をより良くすることにつながるでしょう。
    テスト実施は品質保証をする上で核となる業務であり、ソフトウェアの信頼性や品質を向上させるために不可欠です。

    結果のまとめと分析

    テストの結果をまとめて文書化し、結果の分析、報告を行います。
    テストプロセスにおける、最後の重要な項目です。

    まずは、テスト実施後、得られたデータや情報を整理していきます。
    ここでは、実施したテストケースごとの結果やエビデンスを集め、バグの発見状況やテストのカバレッジなどを明確にまとめることが求められるでしょう。

    次に、結果の分析が行われます。これには、発見したバグの優先度や深刻度を評価しなければなりません。

    バグの影響度や再現性を考慮しながら、修正が最も必要なものから順に優先順位を付けます。

    また、テストの実行結果から、ソフトウェアのパフォーマンスや安定性の向上点を抽出し、今後の改善に役立てることも重要です。

    QAエンジニアとの違い

    テスターは、QAエンジニアと比較し、異なる役割を持っていることを覚えておきましょう。

    QAエンジニアは、ソフトウェアの品質を向上させるために、開発プロセス全体の監視や品質に関する戦略立案などを担います。

    また、テスト計画の作成やテストケースの設計、テスト実行の管理などを担当し、ソフトウェアの品質に対する総合的な視点が必要です。

    一方、テスターはソフトウェアの動作をテストすることに特化している職種となります。
    テストを通じて、ソフトウェアの機能や性能、セキュリティなどを評価し、バグや問題を発見しなければなりません。

    このように、QAエンジニアはソフトウェアの品質を総合的に管理し、開発プロセス全体を監視する役割を果たし、テスターは具体的なテスト実行を担当する役割を持ちます。

    気になるテスターの年収は?

    テスター キャリアパス

    テスターの平均年収は370万円前後とされています。

    また業務範囲がテスト実施のみに限定されるケースも多いため、新入社員やIT未経験者が担当することも多く、SE(平均年収550万円)やプログラマー(平均年収416万円)よりも平均年収は低い状況です。

    しかし、スキルアップしてテストの実施だけでなく、マネージメントやテスト計画の立案・分析、テスト結果を元にしてバグの修正などができるようになれば年収500万円以上を狙うことも可能となります。

    参考:厚生労働省「令和4年 賃金構造基本統計調査」

    テスターに求められるスキル

    テスター 将来性

    テスターにも求められるスキルは多岐に渡ります。
    ここでは、代表的な3つのスキルについて、確認していきましょう。

    OAスキル

    テストや評価した結果を集計したり、レポートにまとめる必要があるので、オフィスソフトを使った文書作成能力がテスターに求められます。

    具体的には、Excelを使ったデータ集計やグラフ作成、Wordを使ったレポートの作成、PowerPointを使ったプレゼンテーションの作成などです。

    これらのOAスキルを持つことで、テスターは効率的なレポート作成や結果の可視化が可能となり、プロジェクトの進行や意思決定をサポートすることができます。

    また、レポートのフォーマットやレイアウトの整備も重要であり、OAスキルを活かしたデザインや表現力のある文書作成があるも必要となるでしょう。

    集中力

    テスターの業務には細かなテスト作業が含まれることもあり、ミスを避けるためには高い集中力が求められます。

    繰り返しのテスト作業を黙々と行い、細部にわたる確認や検証が必要です。

    例えば、テストケースの網羅的な実施や複雑なデータの入力や検証、バグの再現手順の確認など、細やかなタスクを正確にこなすためには高い集中力が欠かせません。

    また、テスターは長時間にわたって同じ作業を行うこともあり、集中力を持続させることも重要となります。

    ITに関するスキル

    ITに関するスキルを持つことは、テスターにとって非常に重要です。

    なぜなら、テストを行う対象は主にシステムやアプリケーションであるため、システム開発やパソコン、デジタル機器に関する知識が必要になるからです。

    テスターに欠かせない、テストツールやデバッグツールの使用方法だけでなく、プログラミング言語の基礎知識、データベースの基礎知識なども身につけておくとよいでしょう。

    テスターに向いている人

    テスターに向いているのは、細かい箇所への注意力があり、論理的思考と問題解決能力に長けた人です。

    ソフトウェアやシステムの動作に対する好奇心と疑問を持ち、その挙動を深く理解しようとする姿勢が求められます。

    また、ユーザーの視点を大切にし、製品がどのように使われるかを理解しようとする姿勢も重要です。

    一方で、コミュニケーション能力もテスターには不可欠と言えるでしょう。
    開発チームとの協力やバグ報告の際に、適切な情報を正確に伝えなければならないからです。

    さらに、時間管理や優先順位付けができるという点も重要な項目です。テスターは複数のタスクを同時に管理し、テストの進捗状況を把握するために計画的に業務を遂行することも必要になります。

    このように、テスターに向いている人は、様々な特徴があり、多くのことが求められていると言えるでしょう。

    テスターとして持っておきたい資格

    テスターとしてステップアップするために取りたい3つの資格をご紹介します。

    JSTQB認定テスト技術者資格

    JSTQB(Japan Software Testing Qualifications Board)が実施するソフトウェアのテスト評価技術を認定する資格です。海外でも有効な国際資格となっています。

    試験のレベルは基礎的なレベルのFoundation Level と、上級レベルのAdvanced Levelの2つがあり、Advanced Levelの種別はテストマネージャーとテストアナリストの2つです。

    Advanced Levelの資格を受験するには、Foundation Levelの試験に合格していることと3年以上の実務経験が必要になります。

    参考:JSTQB認定テスト技術者資格

    IT検証技術者認定試験(IVEC)

    一般社団法人IT検証産業協会(IVIA)が実施するテストエンジニア向けの資格です。テストエンジニアの実務力を認定する試験となります。テスト実行者レベルのレベル1から上級コンサルトレベルのレベル7まで7つのレベルに分かれている試験形式です。

    レベル3以降は下位資格の合格が受験資格となっています。

    参考:IVEC認定試験

    ソフトウェア品質技術者試験

    一般財団法人日本科学技術連盟が実施する、ソフトウェアの品質向上に関する提携的な知識を問う認定試験です。

    現在、初級と中級の2つのレベルがあり、上級については今後作られる予定になっています。

    参考:ソフトウェア品質技術者試験

    テスターが活躍できる業界

    システム開発だけではなく、Web業界やアプリ・ゲーム開発、製造業など幅広い業界での活躍が期待できるでしょう。

    テスターが活躍する企業にはいくつか種類があります。

    メーカーなどから受託されてテストを行う企業

    カメラやプリンター、半導体などの電子機器に関して、メーカーから受託を受けてテストを実施します。

    システム開発、Web開発、アプリ開発をする企業

    システム開発やソフトウェア開発を手がける企業で、SEやプログラマーと協力してテスト業務を実施します。テスト業務は、新卒や未経験で入社したSEやプログラマーが担当することもあるでしょう。

    テストを専門に行う企業

    システム開発やソフトウェア開発では、品質保証の観点から開発者以外の人がテストを行う、第三者検証とよばれるテストが行われるケースが少なくありません。
    テストを専門に行う企業では、この第三者検証を行います。

    テスターの将来性は?  テスターの仕事はAIの影響で変化しつつある

    AIの発達はシステム開発にも大きな影響を与えています。
    デザインやコーディングなど、今までエンジニアが担当していた業務がAIに置き換わるケースが増加中です。

    テストエンジニアの仕事に関してもAIが影響を与えはじめており、そのうちのひとつにテストの自動化が挙げられます。

    エンジニアがテストを行う場合は、何千ケース、何万ケースという膨大なテストを行うことは実際には困難です。なので今まではその中から重要なケースを抽出してテストを行っていました。しかし、AIでテストを自動化することで膨大なケースのテストを実施することが可能になっています。

    テスター案件を探してみる

    今後テスターに求められるスキル

    難易度

    テスターとしてキャリアを積むためには、AIでは実現が難しい領域のスキルを身につける必要があります。今後テスターのすべての仕事がAIに置き換わることは考えにくいですが、テストの実行はどんどんAIに置き換わっていく可能性があります。

    テスターのキャリアパス

    初級のテスターからの主なキャリアパスには次の3つがあります。
    どのキャリアパスを選ぶかにより、業務内容が大きく変わるので、しっかりと確認しておきましょう。

    スペシャリスト

    スキルや経験の浅いテスターではテストの実施が主な業務になりますが、スキル・経験をつけてスペシャリストになるとテストの計画、設計、結果の判定、報告などが主な業務となるでしょう。

    質のよいテストを行うためには、緻密なテスト計画・設計が必要となるので、高いスキルや知識が必要になります。

    テストマネージャー

    テストマネージャーはテストチームを統括し、テストが計画通りに進行するように監督する仕事です。また、クライアントへのヒアリングや協力要請が必要な場合もマネージャーの業務となります。

    テストアナリスト

    テストアナリストは、システムや製品を深く理解し、どのようなテストが必要なのか定義したり、テスターが作成したテスト計画やテスト設計のレビューを行います。

    テストに関する高い知識やスキルの他に、システムや電子機器に関する知識も求められる職種です。

    現状、AIで実現が難しいと言われている領域は「マネジメント」「テスト計画立案」「テスト結果の分析」といった領域となります。このような領域のスキルを身に着けて、マネージャーやアナリストとして活躍することがテスターとして生き残る戦略になるでしょう。

    まとめ

    まとめ

    テスターはシステムやソフトウェア、電子機器の品質保証のために必要な職種です。
    IT未経験でも比較的転職しやすい職種ではありますが、スキルアップをすることで求められるエンジニアになれる職種でもあります。
    資格なども取得しながらAIでは実現が難しい領域の知識・スキルを高めていくことが、テスターとして長く働くためには必要になるでしょう。

    テスター案件を探してみる

    フリーランスとしての単価相場をチェックしてみませんか?

    3つの質問に答えるだけで、フリーランスエンジニアとしての単価相場を算出します。 スキルやご経験にマッチする案件もあわせてご紹介いたしますので、気軽にご活用ください! ※単価相場の算出に個人情報の回答は必要ございません。

    単価診断テストを受けてみる

    今すぐシェアしよう!

    B!
    <span class="translation_missing" title="translation missing: ja.layouts.footer.icon_back_to_top">Icon Back To Top</span>
    TOP