サーバーサイドエンジニアに役立つ資格一覧

 yamazaki_k | 2020/04/03 - 15:02
目次

    WebページやWebアプリに関するサーバー側の処理を担当するのがサーバーサイドエンジニアです。データベースに関する知識や技術からRuby、Python、PHPといったプログラミング言語のスキルが求められます。IoTやAI、機械学習といった分野の開発に携われる点も魅力です。

    サーバーサイドエンジニアに役立つ資格って何がある?

    現在、サーバーサイドエンジニア は需要も多く、多くの言語を身に付ける必要があります。そのため資格はスキルの証明になります。

    しかしサーバーサイドエンジニアには特定の資格は必要ありません。一方で、資格取得は大きなアピールポイントになり、転職や社内で社内での人事評価にもプラスの材料となるといえるでしょう。またITの勉強をする際のゴールを定めるのに役に立ちます。

    IT資格についてご紹介します。IT資格には国が認定しているものと、民間の企業が認定しているものがあります。前者を「国家資格」と呼び、後者は「ベンダー資格(民間資格)」と呼びます。

    国家資格

    国家資格として存在しているのは、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施する13個の資格のみです(情報処理技術者試験が12種、情報処理安全確保支援士試験が1種)。これ以外の資格は、すべてベンダー資格と呼ばれます。まずはサーバーサイドエンジニア に有効な国家資格を3つ取り上げていきます。

    サーバーサイドエンジニアに役立つ国家資格①:基本情報技術者試験

    サーバーサイドエンジニア だけでなくITエンジニアを目指す人にとっての登竜門となるのが基本情報技術者試験です。ITを利活用するすべての人向けの資格がITパスポート試験なら、ITエンジニアを目指すすべての人向けの資格が基本情報技術者試験となります。

    難易度は比較的低いです。5段階の評価で2です(弊社調べ)

    サーバーサイドエンジニアに役立つ国家資格②:応用情報技術者試験

    すでにI実務経験を積んだ人向けの資格が応用情報技術者試験です。知識や技術の「応用」に重点を置かれ、開発力だけではなくマネジメント力や経営に関する知識も問われることになります。

    サーバーサイドエンジニアとしての仕事が未経験という人や初心者にはやや難しい資格となりますが、スキルアップのために取得するのにはおすすめです。

    難易度は中程度です。5段階の評価で3です(弊社調べ)

    サーバーサイドエンジニアに役立つ国家資格③:データベーススペシャリスト試験(DB)

    データベースに関する知識や技術を求められるサーバーサイドエンジニア ですが、データベーススペシャリスト試験(DB)は、データベースエンジニアとして活躍したい人向けの資格となります。

    データベースに関する専門的な知識を問うため難易度は高くなりますが、それだけ転職や人事評価の際には高く評価されるといえます。

    難易度は高く、5段階の評価で4です(弊社調べ)

    民間資格

    次に民間資格であるサーバーサイドエンジニア に有効なベンダー資格を3つ取り上げていきます。

    サーバーサイドエンジニアに役立つベンダー資格①:Linux技術者認定試験

    カナダに本部を置く「LPI」の日本支部が運営するLinux技術者認定試験(LPIC)は、Linux技術者として一定のスキルを身につけていることを認定する世界共通基準のベンダー資格です。

    LPICには、レベル1、レベル2、レベル3と3つのグレードが用意されています。グレードが高まるにつれて難易度が高まり、より高度なスキルを持ったエンジニアとして評価されるようになります。

    日本におけるLPIC試験は、これまでLPI-Japanによって行われてきましたが、2018年8月にLPIの日本支部が設立されたことにより、運営母体が変更になったという経緯があります。

    LPICは世界中で受験されている資格の1つで、これまでに53万人以上の受験者がいます。そのうち合格者は18万人以上。公正な試験として国際的にも認められており、200カ国以上のエンジニアが受験しています。

    LPICには、レベル1、レベル2、レベル3と3つのグレードが用意されています。グレードが高まるにつれて難易度が高まり、より高度なスキルを持ったエンジニアとして評価されるようになります。

    サーバーサイドエンジニアに役立つベンダー資格②:オラクルマスター

    データベースの分野で圧倒的なシェアを誇るオラクル社の製品について、知識や技術を問うのがオラクルマスターです。「Bronze」「Silver」「Gold」「Platinum」の4つの難易度にわかれてます。まず「Bronze」に合格し、「Silver」に挑戦しましょう。

    Silver以上の資格はこちらも世界共通資格になりますので、海外の企業でも高く評価されやすくなるでしょう。

    サーバーサイドエンジニアに役立つベンダー資格③:CCNA(Cisco Certified Network Associate)

    世界最大手のCisco社のネットワーク関連製品に関する知識・技術を問うのがCCNAと呼ばれる資格です。Cisco社の製品知識だけではなく、ネットワーク技術全般の知識も求められます。

    資格は細分化されており、自分の目的に合ったものを選んで受験しましょう。

    まとめ:HPで事業内容をチェック

    サーバーサイドエンジニア にってってIT資格はシステム開発やプログラミングを行う現場からしても、大きなメリットがあります。なぜなら、資格を取得する過程で効率良く知識を身につけることができるからです。

    また資格の需要についても知っておく必要があります。その資格を企業が求めているのかについては、HPで事業内容をチェックしてみてください。

    今すぐシェアしよう!

    B!


    上部へ戻る