お役立ちコンテンツ | フリーランスエンジニアの案件・求人なら【テクフリ】

UI/UXデザイナーの資格を徹底調査!スキル別に役立つ資格【4選】

 suzuruka | 2022/01/25 - 15:32
目次

    UI/UXデザイナーのスキルを証明するときに必要な資格をご存知でしょうか?
    スキルを示すものとしてポートフォリオや実績が重要なUI/UXデザイナーですが、資格を取得することでよりスキルの裏付けとなり転職やフリーランス転向に役立つことも。
    今回は、UI/UXデザイナーに求められるスキルとともに、そのスキルを証明するのに必要な資格とその具体的な資格取得方法、内容などをまとめてお伝えします。
    UI/UXデザイナーのフリーランス案件を紹介してもらう >

    そもそもUI/UXデザイナーの役割とは?

    資格についてご紹介する前にそもそもUI/UXデザイナーとは何なのかを説明すると、それぞれ以下のような役割があります。

    UIデザイナー

    UIとはユーザーインターフェース(User Interface)の略。一般的にユーザーとプロダクトをつなぐ接点を意味する言葉で、Webサイトやアプリでいうと、人がモノ(PCやスマホ)を操作するときに触れるアプリのデザインや画像、ボタンなど外観に関わるすべてをUIと呼びます。
    UIデザイナーの主な仕事内容は、アプリの各ボタンのデザインや配置を考え、年齢層・ターゲットが「使いやすいよう」に画面を設計・デザインをすることとされています。

    UXデザイナー

    UXとはユーザーエクスペリエンス(User eXperience)の略。プロダクトやサービスを通じて得られるすべてのユーザー体験を示す言葉で、Webサイトやアプリでいうと、サイトやアプリを通じて得た全ての体験(登録〜購入までなど)をUXと呼びます。UXはUIを含めたすべての顧客体験を示します。

    以上のような役割が主にあげられます。
    しかし、実際にはUXデザイナーの説明で示した通り、UIを内包した役割がUXであるため、多くの企業ではUIとUXを同時に担うパターンが多いようです。
    UIはPhotoshopやIllustratorなどのデザインのスキルや知識が、UXHCD(人間中心設計)やマーケティングなど多岐に渡る知識が必要とされるため、常に新しい情報を取り入れるなどの勉強が必要になります。

    UI/UXのスキル別に役立つ資格4選

    現在、前述の通りUI/UXデザイナーは需要も高く、多種のスキルを身に付ける必要があります。そのため資格はスキルの証明になります。
    しかしUI/UXデザイナーには特定の資格は必要ありません。一方で、資格取得は大きなアピールポイントになり、フリーランスの方の受注や転職にもプラスの材料となるといえるでしょう。
    UIデザイン、UXデザインそれぞれで必要とされるスキルとそれを証明できる資格や試験は以下となります。

    【UIデザイン】ウェブデザイン技能検定:Webデザインスキルを証明できる国家資格

    ウェブデザイン技能検定は、特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会が実施している、Webデザインに関する国家資格です。
    資格は1級から3級まで分かれており、1級2級には実務経験がないと受験資格が与えられない(1級は7年以上、2級は2年以上)ため、この資格がある、というだけでキャリアの証明にもなります。

    ちなみに、各級とも学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では私物のパソコンを持参し、実際に課題Webサイトを作成する内容になっています。
    難易度は3級の場合、それほど高くなく、他の国家資格(IT資格等)に比べ難易度は低いといえます。

    出題形式と合格基準は下記の通りです。

    出題形式 合格基準
    学科 筆記試験(マーク方式):「多肢選択法」「真偽法」形式 70点以上(100点満点)
    実技 課題選択方式 70点以上(100点満点)
    ※試験要項に示す各作業分類において配点の60%以上の得点を得ること)

    引用:https://www.webdesign.gr.jp/kentei/summery.html#hani

    【UIデザイン】Webクリエイター能力認定試験:Webサイト制作の知識を証明できる民間資格

    Webクリエイター能力認定試験は、サーティファイという企業が主催している民間資格試験です。
    Webクリエイターに必要とされる、Webサイト制作のデザイン能力およびWebページのコーディング能力を認定する試験です。
    取得できるランクは「スタンダード」と「エキスパート」の2種類があり、HTML5とCSSの文法を使用したコーディングを行う試験内容となります。
    Webクリエイター能力認定試験には受験資格は特にないため誰でも挑戦することができます。

    出題形式と合格基準は下記の通りです。

    スタンダード エキスパート
    出題形式 実技問題 知識問題・実技問題
    合格基準 得点率65%以上 (合計得点において)得点率65%以上

    【UXデザイン】Google UX Designプロフェッショナル認定:googleが提供するUXデザインを体系的に学べるカリキュラム

    Google UX Designプロフェッショナル認定は、googleが提供しているUXデザイナー養成オンラインコースです。
    取得できるとgoogle認定の証明証を受け取ることができます。
    UXデザイナーになるためのグーグル認定のトレーニングを受講でき、7つのコースを週10時間ほど学習し、約6ヶ月で受講完了できるとされています。
    現在受講内容は英語のみでの提供となっていますが、オンラインビデオの内容は全てスクリプトがあるためDeepLを利用すれば英語が苦手な方でも受講可能とされています。
    こちらのカリキュラムは試験に合格する形ではなく、コースを終了するごとに証明書をもらえる形の資格となります。

    受講内容と料金は以下とされています。

    受講内容
    1. UXデザインの基礎
    2. UXデザインプロセスをはじめる
    3. ワイヤーフレームと低精度プロトタイピング
    4. UXリサーチと初期コンセプトのテスト
    5. Figmaでの高精度のデザインとプロトタイピング
    6. Adobe XDによるレスポンシブWEBデザイン
    7. ソーシャルグッドのためのUXデザインと、就職の準備

    受講料金は月$39(約6ヶ月で$234)となっています。

    【UXデザイン】人間中心設計(HCD)専門家資格認定制度:UXに必要とされる概念の理解度を証明する資格

    公益団体の人間中心設計推進機構が実施している、UXデザインなどについての専門性を明らかにするための資格です。
    HCD(人間中心設計)とは、UXに含まれるひとつの要素で、人間がプロダクトを使いやすくすることに焦点を置いた、使う人の観点でものを作るためのしくみです。
    HCDには使いやすさ(ユーザビリティ)はもちろん、観察・理解・設計・評価などの利用者の視点に立つための知識が必要とされています。

    認定制度には、専門家とスペシャリストの2種があり、経験やコンピタンスに応じた認定が行われます。

    人間中心設計専門家(認定HCD専門家)

    1. ユーザビリティ、人間中心設計(HCD)、UXデザイン、サービスデザインに関わる実務経験5年以上。
    2. HCDの視点でプロジェクトマネジメント経験あるいはHCDの組織導入経験があること。
    3. 専門能力を実証するための実践事例が3つ以上あること。

    人間中心設計スペシャリスト(認定HCDスペシャリスト)

    1. ユーザビリティ、人間中心設計(HCD)、UXデザイン、サービスデザインに関わる実務経験2年以上。
    2. 専門能力を実証するための実践事例が3つ以上あること。

    UI/UXデザイナーの資格はハイレベル案件を目指すときに便利

    資格に関して全般的に弊社エージェントが任意で企業に独自調査したところ「必要ない」という意見が多数であることが判明していますが、UI/UXデザイナーのポートフォリオや職務経歴書を書く際にプラスアルファの能力を示すことができるため、取得して損はありません。

    UI/UXデザインを学び始める方には基礎を知るきっかけとして、長年活躍している方はスキルの整理/再確認として利用するのもオススメです。
    ハイレベル案件を受注するためにも、ぜひ挑戦してみてください。

    今すぐシェアしよう!

    B!
    仕事内容
    techcareer freelancetechcareer freelance


    【マージン率10%案件が多数掲載!】テクフリで高単価案件を探してみよう!

    上部へ戻る