Python資格試験の種類や難易度は?エンジニア就職にどうなの?

 hockey | 2021/05/24 - 16:54
目次

    Python資格試験について、種類やその概要を詳しく解説しました。具体的な勉強の仕方も紹介しています。Pythonの資格試験にはどんな種類があるのか知りたい方や、それぞれの試験がどのくらいの難易度なのかを知りたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。実際就職に有利になるの?という、気になる疑問にも答えています。

    Python資格試験の種類・一覧

    Pythonの資格試験は、3つあります。その3つは国内の資格試験と、国際的な資格試験の2つに分類されます。

    国内資格 Python3エンジニア認定基礎試験
    国内資格 Python3エンジニア認定データ分析試験
    海外資格 Python Certifications

    国内の資格試験は、「Python3エンジニア認定基礎試験」と「Python3エンジニア認定データ分析試験」があります。どちらも、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会が認定している民間の資格試験です。

    海外のものでは、「Python Certifications」という資格があります。ポーランドを拠点に活動している、OpenEDG Python Institute が実施している資格試験です。

    以降、3つの資格試験について詳しく説明します。

    Python3エンジニア認定基礎試験

    Python3エンジニア認定基礎試験は、CBTという、全国にあるテストセンター(オデッセイコミュニケーションズ)でいつでも、受験可能な試験です。

    試験は、Pythonチュートリアルという本を元に作られていて、その中から出題されます。

    問題の配分は、ウェブサイトより確認可能です。

    出題形式 CBT方式(マウス選択問題)
    試験時間 60分
    問題数 40問
    内容 文法などの基礎的な問題
    合格基準 70%以上で合格
    受験料 11,000円(学割5,500円)

    Python3エンジニア認定データ分析試験

    Python3エンジニア認定データ分析試験は、Pythonを用いて行うデータ分析の基礎や、その方法についてが出題される試験です。

    この試験も、CBTという全国にあるテストセンター(オデッセイコミュニケーションズ)でいつでも、受験可能です。

    試験内容は、Pythonを使ったデータ分析の基礎知識で、範囲も限定されています。

    出題形式 CBT方式(マウス選択問題)
    試験時間 60分
    問題数 40問
    内容 Pythonを用いた、データ分析の基礎や方法について
    合格基準 70%以上で合格
    受験料 11,000円(学割5,500円)

    Python資格は就職に価値はある?必要?

    Python資格は就職に必要なのでしょうか?資格を持っていることで、就職に有利になるなら、取得する価値がありますよね。

    Python資格の取得で得られるメリットを3つ紹介します。

    ・スキルレベルの証明

    ・キャリアアップにつながる

    ・スキルアップにつながる

    です。

    スキルレベルの証明になるというのは、採用側が履歴書を見た時点で、どのくらいのレベルなのかを測ることができます。特に国内資格2つは、未経験者がPythonスキルを求められる企業への転職をするときに役立ちます。初心者でも基礎は最低限理解していることを証明できます。

    ある程度経験を積んだプログラマーの方は、より充実した福利厚生や収入を目指しての転職であれば、Python Certificationsのレベル3.4が有利に働くでしょう。高い技術を証明できるので、企業に自分をアピールできます。

    キャリアアップについては、Python資格が企業や研究機関で利用されていることから、エンジニアとしてのキャリアを積み上げていくことに、プラスに働くでしょう。

    スキルアップにつながるというのは、学習のモチベーションになる、学習効率の向上につながります。

    資格をとるということは、自分のスキルがどのくらいなのかを証明できるので、取得することにメリットはあります。ですが、資格を取ったから採用される、というわけではありません。採用側の指標になり、一定の評価を受けることができますが、それ以降採用につなげられるかどうかは個人の努力次第です。

    Python資格の難易度と勉強時間は?

    Python資格を取得することは、どのくらい難しいのか、どのくらいの時間を必要とするのかを解説します。

    難易度

    まず難易度についてです。

    ・Python3エンジニア認定基礎試験:合格率77%。基礎的なことが出題されるため、難易度は比較的高くはない。

    ・Python3エンジニア認定データ分析試験:合格率不明(基礎試験よりは合格率が下がる可能性が高いが、出題範囲や教材が明確なので、ある程度高い合格率になると予想される)

    ・Python Certifications:前提として、英語で出題される

    レベル1.PCEP=プログラマーエントリーレベル。Python3エンジニア認定試験とほとんど同じレベル

    レベル2.PCAP=Pythonを使った実務遂行レベル。基礎知識に加えて、実務に必要とされる、応用のような問題もあり。

    レベル3.PCPP32-1=プログラマーとして、高い技術力を証明できるレベル。証明できるレベルが高く、転職にも有利に働く。

    レベル4.PCPP32-2=レベル3のさらなる上級レベル。レベル3を保有していることが受験の条件。

    勉強時間

    必要な勉強時間は、それぞれ試験ごと、個人の経験やスキルによって異なります。紹介する勉強時間は、目安であるため、合格できるかできないかは個人の努力次第です。

    ・Python3エンジニア認定基礎試験、Python3エンジニア認定データ分析試験

    →Python実務経験がある人:4時間程度

     Python以外の言語の実務経験がある人:8時間程度

     未経験:40時間以上

    ・Python Certifications

    レベル1.PCEP→Python3エンジニア認定基礎試験と同等レベル、同等の時間(+英語力)

    レベル2.PCAP→実務経験があれば比較的少ない時間で合格可能。応用問題が出題されるので、初心者には難易度が高いため、かなりの時間を必要とする(+英語力)

    レベル3.PCPP32-1→プログラマーとして技術の高さの証明になるほどの試験なので、実務経験があっても、時間をかけて勉強が必要。(+英語力)

    レベル4.PCPP32-2→レベル3のさらなる上級レベルなので、資格試験の勉強としてしっかり時間をかけて取り組む必要がある。受験条件として、レベル3.PCPP32-1を取得しておかなければならない。(+英語力)

    Python資格の勉強方法

    Python資格を取得するための勉強方法を紹介します。どの試験も、出題範囲が限定されていたり、過去問があるため、学生時代のように勉強するのが一番近道だと思います。具体的な方法を3つ紹介します。

    過去問を活用する

    どんな問題が出題されるのかを知るため、実際に問題に慣れることを目的に、過去問を活用しましょう。出題範囲にないものを勉強しても、資格試験に合格するという目標においては時間の無駄になるので、効率よく勉強していくためには、出題範囲を理解し、それに沿った学習を進めていく必要があります。公式サイトにも、出題範囲が一部公開してあるので、確認しておきましょう。

    模擬試験を受ける

    問題や試験を受ける感覚に慣れるために、模擬試験を受けましょう。自宅で勉強するのと、会場で受けるのは、雰囲気や緊張感が全く違います。それらを学習しながら感じ取れるのは、模擬試験で体験してみることが重要です。

    本・参考書で勉強をする

    問題の数をこなして、たくさんの問題に触れましょう。たくさんこなしていくことで、問題を解くスピードが上がります。実際の試験でも、わからない問題があれば焦ってペースをみだしてしまう可能性がありますが、数をこなした努力から、自信を持って試験に挑むことができます。

    Python資格試験のフロー

    最後にPython資格試験を受けるためのフローを説明します。

    申し込み→当日会場で受験(→その場で結果が出る)

    という流れです。

    資格試験へ申し込み

    Python3エンジニア認定基礎試験とPython3エンジニア認定データ分析試験は、通年で受験ができます。各都道府県に設置されている、試験会場で日程を選択し、受験日程と場所を決めます。

    申し込みの方法は、「odyssey ID」を登録し、個別に試験会場へ問い合わせて日程を調整します。

     

    当日の持ち物

    試験当日の持参物は、

    ・Odyssey IDとパスワード

    ・受験票

    ・本人確認書類(免許証など)

    です。本人確認ができないと、受験ができなくなる場合があるので、忘れないように気をつけましょう。

    まとめ

    Pythonの資格試験について解説をしました。資格を取得することで、自分のスキルを証明できることや、学習効率向上、モチベーションにつながるなどのメリットがあります。Pythonは今後も需要が高まっていくと予想されているので、習得におすすめの言語です。

    これから学習を始める方も、Pythonを使って転職を考えている方も、資格取得を初めて見てはいかがでしょうか。

    今すぐシェアしよう!

    B!
    techcareer freelancetechcareer freelance


    上部へ戻る