お役立ちコンテンツ | フリーランスエンジニアの案件・求人なら【テクフリ】

Swiftフレームワークおすすめ7選と選び方【2022】

 oinari | 2022/10/13 - 18:16
目次

    Swiftは、Appleが開発したiOS向けオープンソースのプログラミング言語です。

    使用者が多いこともあって、フレームワークも多数存在しています。

    そのため、

    「Swiftのフレームワークって何があるの?」

    「たくさんあってどのフレームワークを使えばいいかわからない…」

    といった疑問をお持ちの方もいるでしょう。

    そこで、この記事ではSwiftのフレームワークについて解説していきます。最後まで読んでいただければ、どのフレームワークを学習すれば良いかわかります!

    Swiftフレームワークとは?

    Swiftのフレームワークとは、Swiftを利用して開発をする際に必要な基本機能をまとめたソフトウェアのことです。

    フレームワークには、ある程度決まったルールが存在しています。そのため、誰が書いても理解がしやすいという特徴があります。

    また、自分で1から書くと数百行必要なコードが、フレームワークを使うと数十行で解決するのも魅力です。

    フレームワークと似た言葉としてライブラリがありますが、両者の違いは「制御の反転があるかどうか」によります。

    ライブラリの場合、プログラムを動かす主導権はプログラマーが書いたコードにあります。一方で、フレームワークの場合、プログラマーが書いたコードはフレームワークによって制御されるのです。

    つまり、ライブラリは主導権がエンジニア側にあり、フレームワークは主導権がフレームワーク側にあると言えます。

    Swift案件について相談する

    Swiftフレームワークを利用するメリット

    Swiftを使う上で、フレームワークを利用することにはいろいろなメリットがあります。ここでは、

    ・開発スピードが上がる

    ・コードの統一性を保持(多人数開発にも対応しやすくなる)

    ・バグの減少

    ・フリーランスとして仕事が取りやすくなる

    という4点のメリットについて紹介していきます。

    開発スピードが上がる

    MVP開発やリーンスタートアップという言葉が注目されているように、IT/Web業界では特に、サービスを高速で市場に投下することが重要です。Swiftのフレームワークを利用するのとしないのでは、開発スピードにかなりの差が生じます。

    例えばSwiftのフレームワークには、スマートフォン向けアプリから、macOSまでさまざまな規模の開発機能が備わっています。それらをフレームワークなしでエラー無く完成させるには、かなりの時間を要してしまうのです。

    コードの統一性を保持(多人数開発にも対応しやすくなる)

    プログラミングに限らず全ての仕事にいえますが、コードの書き方にはその人の個性やクセがでます。

    経験、スキル、年齢、性格、キャリアなど様々な要因によって差が生じるのですが、人が書いたコードを修正するのは、かなり大変な作業です。

    フレームワークを利用すれば、コードの統一性を保持させることができます。

    統一性を保持することにより、多人数開発にも対応しやすくなります。

    バグの減少

    Swiftのフレームワークは基本的に大人数のエンジニアに利用されています。そのため、バグはすでに解決されていることが多いです。

    それらのバグが少ないフレームワークを利用して開発を進めると、開発をしたプログラムもバグが少なくなる可能性が高まるといえます。

    フリーランスとして仕事が取りやすくなる

    Swiftの中規模、大規模以上案件では、フレームワークが利用されていることがほとんどです。

    特にPerfectやExpressは人気のフレームワークとなっているため、Swiftエンジニアとして仕事を獲得したい場合、習得しておくといいかもしれません。

    Swiftのフリーランス案件一覧をチェックする

    Swiftフレームワークを使用するデメリット

    一方で、Swiftフレームワークを使用することのデメリットは次の2点が挙げられます。

    ・学習期間が必要

    ・イレギュラーに対応できないことがある

    詳しく見ていきましょう。

    学習期間が必要

    フレームワークを使いこなすにはSwiftの理解がある前提で、最低でも数週間は学習をする必要があります。

    概要を抑えられても、細かい要望を実現しようとすると調査に更に時間がかかることはよくあります。使用者が多くないフレームワークになると、情報量が少なく、調査が難しいこともあるでしょう。

    また、ドキュメントは基本的に英語で書かれていることが多いです。

    イレギュラーに対応できないことがある

    フレームワークはいわゆる「よくある機能」を開発する際には有用です。

    しかし、前例が少ない機能を開発したい場合、対応できないことが多々あります。

    フレームワークは決められたルールに則ってサービスを開発していかなければならないため、イレギュラーが多発するようなサービスではフレームワークを利用しないほうが作りやすいことがあるのです。

    おすすめSwiftフレームワーク7選

    ここからは、人気のフレームワークや、目的によって有用なSwiftフレームワークについて解説していきます。

    1.Perfect

    Perfectは、Swiftの公開とほぼ同時期にリリースされたフレームワークです。

    Perfectを習得すると、Swiftひとつでフロントエンドとバックエンドを両方とも開発することが可能になります。

    Perfect公式サイト

    2.Kitura

    Kituraは、Webアプリケーションやサーバー開発ができるフレームワークです。

    サーバーサイドでのSwift開発を高速にするために作られました。

    現在は、開発元のIBM社からコミュニティが運営するプロジェクトへと移行されています。

    Kitura公式サイト

    3.Vapor

    Vaporは、PHPのLaravelにインスパイアされて作成された、Webアプリケーション開発が可能なフレームワークです。

    他にも、REST APIやリアルタイムアプリケーションなどの開発に適しています。

    macOSとLinuxで利用可能です。

    Vapor公式サイト

    4.Express

    Expressは、MVCによる開発サポートがされている、Webアプリケーション開発が可能なフレームワークです。

    軽量でシンプルなので、処理が高速という特徴を持っています。

    Express公式サイト

    5.Swifton

    Swiftonは、RubyのRuby on Railsを参考として作られた、Webアプリケーションフレームワークです。

    コードがシンプルで、書きやすいのが特徴です。

    また、MySQLやPostgreSQLをサポートしています。

    6.Slimane

    Slimaneは、Swift3で開発可能なWebアプリケーションフレームワークです。

    コンパクトでありながらも、さまざまなモジュールを組み合わせて開発が可能になっています。

    7.HTTPSwiftServer

    HTTPSwiftServerは、macOS用のCocoaを拡張するためのフレームワークです。

    HTTPをiOSアプリと連携することが可能です。

    Swiftの単価や記事数は?

    ここまでフレームワークの解説をしてきました。

    では実際の単価や記事数はどのようになっているのでしょうか?

    テクフリに掲載されている案件を参考に以下にまとめました。

    Swiftの単価

    弊社調べによると、Swiftの平均単価は77万円です。

    テクフリ調べ 2022/09/27付

    また、Swiftの案件数は419件です。

    Swiftフレームワークの記事数比較

    Swiftフレームワークの記事数を下記のようにまとめました。

    2022年9月時点では、学びやすさの観点から見ると、選ぶべきSwiftフレームワークはPerfectもしくはExpressであるといえます。

    フレームワーク Qiitaの記事数 stackoverflowでの質問数
    Perfect 831 11
    Kitura 58 0
    Vapor 192 1
    Express 7696 166
    Swifton 6 0
    Slimane 9 0
    HTTPSwiftServer 2 0

    Swiftを使用する案件紹介

    案件名 Swift/フルリモート/大人気!toC向けAI技術を用いた顔交換アプリケーション開発業務
    月額単価 〜990,000円/月
    最寄駅 原宿駅
    業務内容

    iOS含むAppleプラットフォームの開発

    C向けAppの設計・実装・テスト並びに各技術選定

    安定したサービス提供のための改善及び新しい技術の利活用、パフォーマンスチューニング等

    バックエンドと連携したサービス設計と開発・運用

    CIツール連携による開発の効率化・安定したデプロイフローの構築、運用

    基本スキル

    ・Swift(iOS)の開発経験5年程度

    ・iOSアプリの開発経験かWebサービスの開発経験

    ・英語でのコミュニケーション能力

    ・OS、ネットワーク、Webセキュリティの基礎知識

    案件名 iOS/Swift/ライブコマースサービスアプリ開発/iOSエンジニア
    月額単価 〜880,000円/月
    最寄駅 六本木一丁目駅
    業務内容

    大手通信会社と共同で運営しているライブコマースサービスにおいて、サーバーサイドのAPI開発からAWSを使用したインフラ構築まで幅広く担当いただきます。

    【案件詳細】

    ・ライブTVの新機能の設計と開発、機能改善

    ・プロダクトマネージャーやデザイナー、ライブ番組プロデューサーと連携したチーム開発

    基本スキル

    ・SwiftもしくはObjective-CによるiOSアプリケーション開発の実務経験

    ・iOSのフレームワーク、ライブラリに関する知識

    ・UI/UXの設計・実装経験

    Swift案件について相談する

    まとめ

    この記事では、Swiftのフレームワークについて解説してきました。

    macOS、iOS周りの開発が進んでくると、Swiftの需要も増すので、フレームワークの必要性も同時にあがってきます。

    適切なフレームワークを採用することで、作業効率を上げて、良い開発ライフを送りましょう!

    今すぐシェアしよう!

    B!
    仕事内容
    techcareer freelancetechcareer freelance


    【マージン率10%案件が多数掲載!】テクフリで高単価案件を探してみよう!

    上部へ戻る