お役立ちコンテンツ | フリーランスエンジニアの案件・求人なら【テクフリ】

IoTエンジニアとは?【仕事内容や年収・関連資格も紹介】

2023.06.28

sake

freelance

目次

    IoTエンジニアは、急速に進歩するIT社会の中で重要な役割を果たしています。
    しかし、IoTエンジニアとはどのような仕事をしているのか、イメージしづらい人も多いのではないでしょうか。

    本記事では、IoTエンジニアとはどんな仕事なのか、また、年収や必要な資格についても解説していきます。
    本記事を読むことで、IoTエンジニアに興味を持っている方やIoTエンジニアの案件除法を知りたい方にとって、役立つ情報を得ることができるでしょう。

    IoTエンジニアとは

    PC

    IoTエンジニアはIoTと呼ばれる技術を活用してさまざまなデバイスやシステムをつなげることで、スマートな環境や効率的な運用を実現する専門家です。
    この記事では、IoTエンジニアの役割やスキルセットを確認していきましょう。

    IoTエンジニアの役割とは?

    IoTエンジニアは、インターネット・オブ・シングス(IoT)に関連するシステムやデバイスの設計や開発、実装の役割を担います。
    ハードウェアとソフトウェアの両方に精通し、IoTシステム全体を構築するための技術的なスキルと知識を保有している事が多いです。

    また、デバイスやセンサーからのデータの収集や解析、クラウドとの連携、データセキュリティの実装など、幅広い業務を担当します。

    IoTエンジニアのスキルセット

    IoTエンジニアには、多岐にわたるスキルセットが求められます。
    ハードウェア面では、組み込みシステムやセンサーの選定と統合、通信プロトコルの設定、電子回路の設計とデバッグなどがあります。

    ソフトウェア面では、複数のプログラミング言語の知識が必要であり、クラウドプラットフォームやデータベースの構築、セキュリティプロトコルの実装、管理なども必要です。
    さらに、問題解決能力やプロジェクト管理のスキルも重要となります。

    IoTエンジニアの仕事内容

    PC作業中の男性

    IoTエンジニアの仕事内容は非常に多岐に渡ります。
    以下では、代表的なエンジニアの仕事内容と、組み込みエンジニアとの違いについて探っていきましょう。

    システム設計と開発

    IoTエンジニアは、要件定義を基にIoTシステムの設計と開発を行います。
    具体的には、システムのアーキテクチャ設計や通信プロトコルの選定、センサーデバイスやゲートウェイの統合などです。

    システム全体の構築をするうえで、要件を満たすために最適な設計と開発を追求しなければなりません。

    デバイスの選定と連携

    IoTエンジニアは、さまざまなデバイスを選定し、IoTシステムに統合します。

    センサーデバイスやアクチュエータ、ネットワーク機器など、適切なデバイスを選び、システムとの連携を実現する事が重要です。

    また、デバイス間の通信やデータの収集、制御などを担当し、シームレスな連携を実現する役割を果たします。

    セキュリティの実装と管理

    セキュリティの実装と管理にも注力します。
    IoTシステムは機密性やデータの安全性が極めて重要です。

    セキュリティプロトコルの実装、脆弱性の評価や認証、暗号化の設計などを実装することで、セキュリティリスクを最小限に抑えるための対策をすることができます。

    データの収集と分析

    デバイスからのデータの収集と分析も大切な仕事です。
    センサーデータやログデータなど大量のデータを取得して分析することで、役立つ情報を得ることができます。

    その他にもデータベースの設計やデータ処理のアルゴリズム開発などに携わり、データ駆動型の意思決定や予測モデルの構築を支援することも少なくありません。

    トラブルシューティング

    システムが正常な動作を維持するために、問題が発生した場合には、トラブルシューティングも行います。
    不具合やエラーの特定、障害の解析と修正、ユーザーからの報告やフィードバックへの対応など、迅速かつ効果的な対策を取ることが重要です。

    IoTエンジニアと組み込みエンジニアの違い

    IoTエンジニアと組み込みエンジニアは似ていますが、違う職種であることを覚えておきましょう。

    組み込みエンジニアは、主に組み込みシステムや制御システムの設計と開発に特化しています。

    一方、IoTエンジニアは、組み込みシステムを含む広範なIoTシステム全体の構築と管理が主な役割です。

    IoTエンジニアは、ハードウェアとソフトウェアの統合、デバイスの連携、クラウドとのデータのやり取りなど、組み込みエンジニアと比べて、より幅広い領域をカバーすることができます。

    IoTエンジニアの年収

    コイン

    IoTエンジニアの平均年収は、550万円程度といわれています。
    参考:就業情報サイト

    IoTエンジニア年収について詳しくみていきましょう。

    年収の相場と経験による変動

    IoTエンジニアの年収は、経験やスキルセット、所属企業の規模など様々な要因に影響されます。
    一般的には、初級レベルのIoTエンジニアの年収は平均的なエンジニアと同程度から始まりますが、経験を積んでスキルを高めることで年収も上がりやすいです。
    また、IoTエンジニアの需要が高まっているため、競争力のある企業は優秀なエンジニアを確保するために高い年収を提供することもあります。

    一方で、経験やスキルが不足している場合や需要が少ない地域では、年収が低めになる可能性もあります。
    特に未経験からの場合は、300万円台になることも少なくありません。

    IoTエンジニアの収入アップの方法

    IoTエンジニアのキャリアパスは、個人の目標や適性によって異なりますが、いくつかの選択肢が存在します。
    例えば、プロジェクトリーダーやマネージャーとしての昇進や、特定の技術領域に特化する、ITコンサルタントとしての活動などが考えられるでしょう。
    また、収入をアップさせるためには、以下のような方法があります。

    ①実務経験を積む
    プロジェクトへの参加や実務経験を通じてスキルを磨き、実績を積んでいくことで市場価値を高めることが可能です。

    ②新しいスキルの習得
    新しい技術やプログラミング言語の習得、セキュリティやデータ分析の専門知識の取得など、幅広いスキルセットを持つことが年収アップへと繋がります。

    ③資格取得や自己学習
    IoT関連の資格を取得することで専門性を高めたり継続的な学習を行い、自身のキャリアに合わせたスキルの開発や市場の動向に常に注意を払うことも重要です。

    また、ネットワーキングやコミュニティへの参加も、新たな機会やプロジェクトにつながる可能性があります。

    IoTエンジニアにおすすめの資格

    ノートとメガネ

    IoTエンジニアにおすすめの資格は3つあります。

    これらの資格は、IoTエンジニアとしてのスキルを評価してもらうための指標となるので、重要です。

    以下、それぞれの資格について詳しく見ていきましょう。

    IoT検定

    IoT検定は、IoTエンジニアとしての基本的な知識やスキルを証明するための資格です。

    IoTの基礎知識や通信プロトコル、セキュリティ、データ解析などの領域をカバーしています。

    この資格は初心者からスタートするに適しており、IoTエンジニアとしての基本的な知識を身につけるための一歩となるでしょう。

    IoTシステム技術検定試験

    IoTシステム技術検定試験は、IoTシステムの設計や開発、運用に関する高度な知識とスキルを評価する資格です。

    ハードウェアとソフトウェアの統合、データ管理、クラウドプラットフォームの活用などに焦点を当てています。

    この資格を取得することで、より高度なIoTシステムの構築や運用に関わる能力を証明できるでしょう。

    エンベデッドシステムスペシャリスト試験

    エンベデッドシステムスペシャリスト試験は、組み込みシステムの設計や開発に関する知識とスキルを評価する資格です。

    IoTエンジニアにとって重要な組み込みシステムの知識を習得し、ハードウェアとソフトウェアの統合において高いレベルの能力を持つことを証明することができます。

    この資格を通して、IoTエンジニアが組み込みシステムに深く関与するために必要なスキルを磨くことが可能です。

    IoTエンジニアが学ぶべき言語

    プログラミング

    IoTエンジニアが学ぶべき言語の中で、代表的なものを3つ紹介していきます。
    どれを学ぼうか悩んでいる人は参考にしてみてください。

    C言語

    C言語は、組み込みシステムやマイクロコントローラで広く使用される重要なプログラミング言語です。

    ハードウェア制御やリソース効率の高いプログラミングを行う際に必須の言語と言えます。

    Java

    Javaは、クロスプラットフォームのアプリケーション開発や大規模システムの構築に利用される汎用的なプログラミング言語です。

    特に大規模なIoTシステムやクラウドアプリケーションの開発に適しています。

    Python

    Pythonは、扱いやすさと多様なライブラリやフレームワークの提供などが魅力です。データ処理や分析、機械学習などの領域で幅広く活用されています。

    IoTエンジニアはデータの収集や解析に携わることが多いため、Pythonの学習をすることは非常に大切です。

    IoTエンジニアの案件情報

    会議

    IoTエンジニアの案件には多くの種類があり、産業制御システムの開発やスマートホームデバイスの設計、交通インフラの監視システムの構築など、さまざまなプロジェクトに参加する機会があります。

    IoTエンジニアの案件情報を把握するには、専門の求人サイトなどで情報を確認すると良いでしょう。

    こうしたプラットフォームでは、IoTエンジニア向けの仕事の募集やプロジェクトの詳細、必要なスキルや経験などが提供されています。

    また、経験者の場合は、フリーランスエージェントを活用するとより自分に適した案件を探すことも可能です。

    案件名 AWS/週5/IoT事業者向けクラウドサービスのAWS設計のインフラエンジニア
    月額単価 〜770,000円/月
    最寄駅 汐留
    業務内容 自社IoTシステムを中心にカーシェアサービス等を展開する企業にて、
    インフラ環境(AWS)の設計・構築・運用をご担当頂きます。
    クラウド基盤チームに入って頂きますが複数サービスがある為、
    設計・構築・運用・障害対応など幅広くご対応をいただきます。
    基本スキル ・Linuxサーバー構築経験
    ・AWSの設計・運用・構築経験2年以上
    ・AWSの知見、経験(自己学習でも可能)
    案件名 Java/フルリモート/ホームIoTサービスの開発
    月額単価 〜610,000円/月
    最寄駅 フルリモート
    業務内容 契約者にIoTサービスを提供するためのシステムの開発を行っていただきます。
    詳細は面談時にご相談いたします。
    基本スキル ・Javaでの開発経験3年以上
    ・Node.jsの経験2年以上
    ・AWS環境での開発経験

    案件について詳しく相談する

    まとめ

    チェック

    IoTエンジニアは、IoTシステムの設計、開発、運用、セキュリティ管理など幅広い役割を果たします。
    この分野のプロフェッショナルとして成功するためには、実務経験を積み、スキルの習得をすることが重要です。

    また、資格取得や自己学習で新しい技術を身につけることで、収入アップに役立ちます。

    IoTエンジニアの案件情報を把握し、自身のキャリアに合ったプロジェクトを選ぶことも必要不可欠です。

    IoTエンジニアは、需要がどんどん高まっている職種なので、気になる方は求人情報などを確認してみてください。

    今すぐシェアしよう!

    B!
    <span class="translation_missing" title="translation missing: ja.layouts.footer.icon_back_to_top">Icon Back To Top</span>
    TOP