お役立ちコンテンツ | フリーランスエンジニアの案件・求人なら【テクフリ】

お役立ちコンテンツ

フリーランスの抱える税金や確定申告、社会保険や経費に関するお悩みを解決いたします。そもそもフリーランスになるためにはどうすればよいのか、現在正社員で働いているが、フリーランスになりたいと考えている方々にも必見です。役立つコンテンツ満載でお届けいたします。

該当コンテンツ数5件中1~5件を表示
Vue.js

Vue.jsでできることを解説 これから学ぶ人必見!

JavaScriptフレームワークの1つとして、最近大きな注目を集めているVue.js(ビュージェイエス)。これから学んでみよう、習得してみようと考えている方は多いのではないでしょうか。 新たなプログラミング言語やフレームワークを学ぶ際には、実際のコードをチェックしながら学習を進めていくことが一番効率的です。そこでこの記事では、Vue.jsの実際の使い方について公式ドキュメントをもとに解説していきます。 Vue.jsの使い方 Vue.jsを使い始める方法は簡単で、HTMLで次のコードのうちどちらかを記載するだけ。 <!– 開発バージョン、便利なコンソールの警告が含まれています –> <script src=”https://cdn.jsdelivr.net/npm/vue/dist/vue.js”></script> <!– 本番バージョン、サイズと速度のために最適化されています –> <script src=”https://cdn.jsdelivr.net/npm/vue”></script> これでVue.jsを使う準備は完了。実際にコードを書いて動かしてみます。 <div id=”app”> {{ message }} </div> var app = new Vue({ el: ‘#app’, data: { message: ‘Hello Vue!’ } }) HTMLとJavaScriptでそれぞれ上記のように書くと、次のように表示されます。 Hello Vue! JavaScriptで定義した「el」はVue.jsを使う範囲を示し、「data」は変数の定義です。HTMLで{{ }}のカッコで囲った変数を、JavaScriptを使って「リアルタイムに」書き換えることができます。実際にapp.messageの値を変更してみると、表示される文字列も変化することがわかると思います。 ただ、なぜ「リアルタイムに」書き換えられるのかがイメージしづらいかもしれません。そのときには、HTMLを以下のように書き換えてみてください。 <div id=”app”> <p>{{ message }}</p> <input v-model=”message”> </div> こうすることでテキスト入力フォームを表示できます。この入力フォームの内容を削除したり、追加したりしてみてください。すると、「Hello Vue!」と表示されていた文字列がリアルタイムに変更されていくのがわかります。 というわけで、ここではVue.jsの基本的なプログラムについて紹介してきました。より詳しく知りたいなら、Vue.jsの公式ドキュメントを参照することをおすすめしています。こちらもぜひチェックしてみてください。 参考:はじめに — Vue.js Vue.jsが求められるシーン Vue.jsを使ってエンジニアとしての仕事をしていくためには、Vue.jsのフレームワーク単体だけを学んでも意味がありません。まずはフロントエンドエンジニアとしての基礎知識、HTMLとCSS、JavaScriptの習得が最優先です。 これらの基礎知識を一通り学んだ上でVue.jsをマスターすれば、高いスキルを持ったフロントエンドエンジニアとして活躍できる道が開けます。そうすれば企業に勤めながら開発に従事することも、フリーランスとして働くことも可能になるでしょう。 現在はJavaScriptフレームワークとしても大きな注目を集めているVue.jsは、今後も安定した需要が見込めるスキルです。JavaScriptフレームワークにはjQueryやAngular、Reactなどがありますが、今最も勢いがあるのはVue.jsと言えます。 手軽に導入できて学習コストが低く、今すぐにでも開発に導入できる…。そんなVue.jsを扱えるエンジニアがいれば、IT業界の企業ならさまざまなところから声がかかることでしょう。安定した案件があるスキルを習得したいと考えるなら、Vue.jsは間違いなく有力候補です。 フリーランスにおけるVue.jsの需要 フリーランス向け案件の中にも、Vue.jsを使えるエンジニアを募集するものは多くあります。具体的には、「JavaScript(Vue.js)」という条件を設定しているところが多いようです。 ただし、Vue.jsのスキルだけを求められる案件よりも、Reactなどのフレームワークも同時に求められるケースが多いため、Vue.jsをマスターしたらすぐに別のフレームワークについての学習も進めたほうがいいかもしれません。 フロントエンジニアとしての仕事だけではなく、RubyやPHPを使ったWEBシステム開発の一部としてVue.jsのスキルが求められることがあるようです。Vue.js単体では稼ぎやすいとまでは言えませんが、さまざまなプログラミング言語と組み合わせてアピールすることで高単価の案件も獲得できるようになるでしょう。 テクフリを活用しよう 「でも、Vue.jsを使う開発案件ってどこで見つければいいのかわからない」 そんなふうに感じることがあるかもしれません。特にフリーランスエンジニアの場合は、開発業務で忙しくて新たな案件を探してきたり、営業に行ったりする時間が取れないケースもよくあります。交渉や折衝が苦手で、コミュニケーション力にも自信がない方は多いでしょう。 そんなときには、フリーランス向けの「エージェント」を活用するという方法もおすすめです。エージェントはあなたの代わりに案件を探し、あなたの希望にマッチした仕事を紹介してくれる点が大きな特徴。 techcareer magazineでも、フリーランスエンジニア・クリエイターのための案件情報サイト「テクフリ」を運営しています。 テックキャリアフリーランスでは、10年以上の業界経験を活かし、ただのお仕事紹介ではなく『バリューアップ』をコンセプトにした手厚いサポートで、エンジニアやデザイナーの一人ひとりをご支援しています。 現在は正社員として働いているが、将来的にフリーランスになりたいと考えている方、フリーランスから正社員に戻りたいと考えている方、どちらにもエージェントが真摯に対応しています。 もちろん、単に情報収集目的で利用していただいてもOKです。登録は60秒ほどで完了しますので、ぜひテクフリをチェックしてみてください。 Vue.jsの案件はこちら まとめ ここでは今から学ぼうとしている人向けに、Vue.jsについて基本的な知識を解説してきました。HTMLとCSS、JavaScriptの知識とともにVue.jsを覚えることで、フリーランスとしての大きな成果につながります。 これからフロントエンドエンジニアを目指すなら、JavaScriptのフレームワーク学習の手始めとして、Vue.jsを選択してみてはいかがでしょうか。
Vue.js

Vue.jsのメリットデメリットは? できることって何?

「Vue.js」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?これは「ビュージェイエス」と読むJavaScriptのフレームワークの1つで、イメージとしてはjQueryのような存在です。 この記事では、近年増加しているJavaScriptフレームワークの一種であるVue.jsについて、初心者向けに丁寧に解説していきます。 フリーランス案件を探す Vue.jsとは? Vue.jsは、WEBサイトにおけるUI(ユーザーインターフェース)を構築できるJavaScriptフレームワークです。「フレームワーク」という言葉に耳慣れない響きを感じる方もいるかもしれませんが、フレームワークというのは開発に必要な機能をまとめてセットになっているソフトウェアのこと。 単にJavaScriptだけを使って開発を行うよりも、Vue.jsのようなフレームワークを活用しながらコードを書くほうが、効率を何倍にも高めることが可能です。また、Vue.jsの特徴の1つとして少ないコードで開発できるという点があるため、開発にかける時間や労力の短縮につながります。 ところで、そもそもJavaScriptというのはどんな言語か説明できますでしょうか?JavaScriptはフロントエンド開発で用いられるプログラミング言語の1つで、私たちが普段使っているブラウザのほぼすべてで動作するのが特徴。 ちなみにフレームワークと混同されがちな言葉として「ライブラリ」というものがありますが、こちらはフレームワークよりも小規模な開発支援ツールと理解しておくとよいでしょう。 JavaScriptのフレームワークとして一番有名なのは、jQueryですね。jQueryは導入コストが少なく多くの開発現場で使われていますが、自分でDOM操作を行う必要があるというデメリットが存在します。従来のようなWEBアプリではなく、1つのページだけで完結するSingle Page Applicationが主流となっている昨今では、jQueryは使いにくいと感じるシーンも多くなりました。 そこで注目を集めているのが、Vue.jsのようなDOM操作を自動化できるJavaScriptフレームワークです。Angular、Reactといったフレームワークと同様に、フロントエンド開発を効率的に進めることができるフレームワークとして使われる機会が増加しているのです。 そうした数あるフレームワークの中でもVue.jsは導入が比較的簡単で、気軽に使い始めることができるという特徴があります。今後も伸びていくJavaScriptフレームワークとして期待されており、初心者が新たに学ぶにも適したフレームワークと言えます。 Vue.jsを使用するメリット 次に、Vue.jsを開発で使用することで得られるメリット・デメリットについて解説していきましょう。 学習コストが低い まずVue.jsの大きなメリットとして、学習効率がいいという点があげられます。AngularやReactのようなフレームワークと比較すると規模が小さいため、学ぶべきことはそれほど多くありません。JavaScriptやjQueryを学んだことがある人なら、数時間学習するだけで開発に利用できるようになるでしょう。 そもそもVue.jsは構造が単純なつくりになっており、理解するのも容易。現在人気が高まっていることもあって、日本語のテキストやブログ記事なども充実しています。なにかわからないことがあってもリファレンスが数多くあるため、学習がしやすいメリットがあるんですね。 そういった意味では、HTMLとCSS、JavaScriptの基礎を学んだらすぐにVue.jsを学び始めるべきと言えます。もし必要があれば、ほかのフレームワークに関しても学んでいきましょう。 開発を効率化することが可能 Vue.jsに独自搭載されているDirectiveのおかげで、DOM (Document Object Model)操作を自動化できるのも大きなメリットです。jQueryよりも簡潔なわかりやすいコードですむようになるため、全体のコード記述量を減らして開発スピードを高めることができるのです。 シンプルで小規模開発に向いている jQueryと同じように、Vue.jsはコードを1行書くだけで簡単に使い始めることが可能です。シンプルで学習コストも低いことから、小規模な開発では大きな効果を発揮してくれるでしょう。 一方で、Vue.jsが得意なのはSingle Page Applicationの開発で、大規模な開発には向かないというデメリットもあります。規模が大きなサイトを開発するなら、AngularやReactのようなフレームワークを選択することがおすすめです。 Vue.jsの需要と今後 学習コストが低く導入が容易で、シンプルなコードで使い始められるVue.jsは、今でも数多くの企業で使われています。たとえば国内でも、DeNAやLINE、GMOペパボなどIT大手で採用されている実績を持ちます。 Vue.jsの需要は今後も高まり続けると予想されますし、シェアもどんどん拡大していくと予想されます。今はJavaScriptフレームワークといえばjQueryが代表的ですが、近い将来「JavaScriptフレームワークといえばVue.jsだ」と認知される時代が来るかもしれません。 実際、Vue.jsを使う開発案件も増加傾向にあります。これから安定して稼げるフロントエンドエンジニアを目指したいと考えるなら、学習しておいて絶対に損はありません。 エージェントを活用しよう 「でも、Vue.jsを使う開発案件ってどこで見つければいいのかわからない」 そんなふうに感じることがあるかもしれません。特にフリーランスエンジニアの場合は、開発業務で忙しくて新たな案件を探してきたり、営業に行ったりする時間が取れないケースもよくあります。交渉や折衝が苦手で、コミュニケーション力にも自信がない方は多いでしょう。 そんなときには、フリーランス向けの「エージェント」を活用するという方法もおすすめです。エージェントはあなたの代わりに案件を探し、あなたの希望にマッチした仕事を紹介してくれる点が大きな特徴です。 まとめ Vue.jsは、学習コストが低く簡単に使い始めることができる、今大注目のJavaScriptフレームワークです。今から学習しておけば確実にあなたの力になりますので、まずは公式サイトのドキュメントをチェックしてみることからスタートしてみましょう。 フリーランス案件を探す
Vue.js

フロントエンドエンジニアの年収相場はVue.jsの可否で変わる?

Vue.jsエンジニアの平均年収・年収相場(すべての雇用形態) フレームワークとしてVue.jsを多く使用する機会のある職種はフロントエンドエンジニアです。大まかではありますが、フロントエンドエンジニアの平均年収からvue.jsの現状がわかるかと思います。 Indeed(※1)の最新調査によると平均年収は523万円です。正社員からフリーランスまで全ての雇用形態を対象に、過去12ヶ月間に従業員やユーザーから提供された情報とIndeed に掲載された求人広告に基づいています。他に案件数の表記はないのですが、給与の幅は下限で149万円、上限が1174万円となっています。 引用データ:フロントエンドエンジニアの日本での給与(indeed) 2020/2/25時点 Vue.jsの平均年収・年収相場(フリーランス) 弊社調べのVue.jsを使用するフロントエンドエンジニア の平均年収です。まずは一番高額な年収をみてみましょう。案件数が1件と少ないですが、かなり高額で1320万円です。いかにVue.jsの需要が高いかうかがえます。 中央値でみると平均年収は960万円で案件数が10件と最多となっています。こちら960万円を基準に案件選びを進めても良いと思います。案件数はトップクラスのため、仕事に困ることも少ないでしょう。
Vue.js

Vue.jsの単価相場を徹底調査 平均単価は75万円!?

Vue.jsエンジニアのフリーランス案件の単価・相場 弊社調べのVue.jsの平均単価は75万円です。単価の幅は下限で66万円、上限が85万円となっています。案件数が最多で16件の単価は73万円です。 Vue.jsの案件数はトップクラスのため、仕事に困ることも少ないでしょう。 Vue.jsの案件を探す テクフリ調べ(2020年2月15日) Vue.jsエンジニアの案件数推移 続いてはVue.jsエンジニアの求人掲載数の推移をみてみましょう。2017年5月の案件数4件からスタートし2020年2月には累積で84件に達しています。なんと増加率は21倍です。 また月間案件数では2019年4月の35件を期に現在に到るまで案件数の爆上げが続いています。今後も案件数の増加が期待されます。 テクフリ調べ(2020年2月15日) Vue.jsエンジニアの業種別求人数と平均単価 それではVue.jsエンジニアの業種別求人数と平均単価をみてみましょう。最も高額な平均単価はソフトウェア系で85万円です。 案件数の多さでは16 件のweb系で、SPA(Single Page Application)開発の需要の高まりを受け伸びています。そして平均単価は71万円とかなり高額です。 Vue.jsは他のプログラミング言語、フレームワークの案件に比べると比較的高く、他の業種でも求められ、表の通り多くの業種に需要があることが判明しております。またVue.jsは学習コストも低いので、習得にチャレンジしても良いのではないでしょうか。 業種 平均単価 案件数 EC 66 3 Web 71 16 ソフトウェア 85 1 広告 75 2 通信 72 2 エンタメ 71 3 金融 73 2 医療 80 1 テクフリ調べ(2020年2月15日) フリーランス案件を探す
Vue.js

Vue.jsは学習コストが低い? 特徴や将来性を調査してみた

この記事の読者の方には、未経験からエンジニアを目指しているという方や、既にエンジニアとして働いているけれど、違うプログラミング言語を学び、職種を変えてエンジニアとしてチャレンジしようか悩んでいるという方が多いと思います。 一概にエンジニアといっても、ユーザーが触れる部分を設計・開発するフロントエンドエンジニアや、システムの裏側にあるロジックを設計・開発するバックエンドエンジニア、開発したシステムを正常に動かすための環境づくりをするインフラエンジニア、システムの運用や保守をサポートするカスタマーサポートなど、エンジニア内で様々な職種があります。 というのも、システムの開発にあたっては、ユーザーが使う画面やユーザーが画面上で行った行動に対する処理などシステム全体を動かすために、それぞれのシステムが複合的に絡み合っており、またシステムの機能を維持するためのメンテンスが必要になるため、このようにエンジニアの中でも職種が分かれています。 その職種の中でも、年収に差があったり、独立のしやすさに差があるので、エンジニアとして働くにあたってどの職種で働くのかという観点は非常に重要になってきます。 そして、エンジニアとして職種を変えようと思った場合には、新たなプログラミング言語を学ぶ場合が非常に多いです。例えば、フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアでは使うプログラミング言語が異なってきます。 今回はその中でもVue.jsというプログラミング言語に重点を置いて、現状と将来性を比較していき、Vue.jsを学ぶべきか否か見ていきます。 Vue.jsのフリーランス案件を紹介してもらう > Vue.jsとは? Vue.jsとは簡単に言うと、JavaScriptによるフロントエンド開発を効率的にするフレームワークです。 Vue.jsはJavaScriptのフレームワークの一種であり、JavaScriptのフレームワークはVue.js以外にもAngular,React,jQueryなど様々なフレームワークがあります。どれもJavaScriptでのフロントエンド開発を効率的にするフレームワークです。 JavaScriptはフロントエンド開発にて主に使われており、HTML+CSSで作られたブラウザ上のページに動きを付ける役割を担っています。 例えば、文字をクリックすると写真を表示させる、ページをスクロールさせると広告を表示させるようにするといったように、ページに動きをつけることができます。 動きがあるページとないページでは、デザインや利便性が異なってくるので、今日ほとんどのWebサイトにてJavaScriptは使われています。 Vue.jsはEvan You氏によって開発がなされ、最初のリリースは2014年ですので比較的新しいJavaScriptのフレームワークです。 Evan You氏はもともとGoogleにて働いており、AngularJSの開発に携わった後に、AngularJSの有用な部分を取り出しそれ以外を削ぎ落としたJavaScriptのフレームワークを開発したいと考え、Vue.jsをリリースしました。 そんなVue.jsの特徴について次で解説していきます。 Vue.jsの特徴 Vue.jsには3つの大きな特徴があります。 1つ目は、学習コストの低さです。Vue.jsはAngularJSの有用な部分を取り出しそれ以外を削ぎ落としたJavaScriptのフレームワークを開発したいとの考えのもとで開発がされたフレームワークです。 AngularやReactに比べると、フレームワークの規模が小さく、覚えることは少なく利用できます。JavaScriptやjQueryの知識があれば、習得は容易でしょう。 2つ目は、Vue.jsでは個人開発などの規模の小さい開発にも向いているということです。 Angularですと、中規模から大規模の開発に適しており、個人開発などの規模の小さい開発には向いていません。Vue.jsですと、そのような開発がしやすいと共に、中規模から大規模の開発もできます。 3つ目は、Vue.jsではSPA(Single Page Application)開発が可能であるということです。 SPA(Single Page Application)とは、ブラウザ上で可能な処理をJavaScriptで完結させる処理方法です。これにより、サーバー側との通信を最低限に抑え、高速な処理を実現させることができます。 アプリケーションを使用するユーザーの視点からすると、素早いレスポンスによって使い勝手の良く、気持ちよくアプリケーションを使うことができます。 Vue.jsの現状 ~給与と業界の動向について~ ここでは、Vue.jsの給与と業界の動向について見ていきます。 まず、給与ですが、Vue.jsは月単価60万円〜100万円の案件が多い印象です。これは他のプログラミング言語、フレームワークの案件に比べると、比較的高いです。 Vue.jsは比較的新しいフレームワークであること、導入のしやすさ、開発効率の良さから多くの企業に導入がされています。有名所だと、ZOZOやLINEでVue.jsが使われているとのことです。 JavaScriptのフレームワークには、AngularやReactが他にありますが、Googleの検索数ではそれらを抜いてVue.jsが一位となっています。 技術共有サービスであるQiitaにも数多くの星が付いており、Vue.jsはJavaScriptのフレームワークの中でも注目されていることがわかります。 Vue.jsの将来性 ~給与と業界の動向について~ 続いてVue.jsの将来性について見ていきます。 まず、給与ですが、今後も現在のように高い単価であることが予想されます。なぜなら、Vue.jsを扱えるエンジニアが不足していることや、SPA(Single Page Application)開発の需要が高まっていることが挙げられるからです。 Vue.jsは歴史が浅いものの、これだけ注目がされているので、数多くの企業に今後も利用されていくでしょう。また、AngularやReactに比べると、Vue.jsは開発に導入する敷居が低いので、その利用のしやすさから案件数は増えると予想されます。 ただ、Vue.js関連の案件を受注するには、HTML+CSS等の他のフロントエンド開発の知識・経験はもちろんのこと、他のフレームワークと併用して使われることも多いので、それらの知識・経験が必要となってくるでしょう。 まとめ Vue.jsには将来性がある? 現状から踏まえて検証してみた というテーマで今回はお伝えしました。いかがだったでしょうか? 今回お伝えしたかったことは以下のとおりです。 Vue.jsはJavaScriptによるフロントエンド開発を効率的にするフレームワーク Vue.jsには学習コストの低さ・個人開発などの規模の小さい開発にも向いている・SPA(Single Page Application)開発が可能という特徴がある Vue.jsを扱えるエンジニアが不足していることや、SPA(Single Page Application)開発の需要が高まっていることからVue.jsの将来性は高いと言える Vue.jsは学習コストも低いので、気になった方はぜひチェックしてみてください。
<span class="translation_missing" title="translation missing: ja.layouts.footer.icon_back_to_top">Icon Back To Top</span>
TOP