お役立ちコンテンツ | フリーランスエンジニアの案件・求人なら【テクフリ】

お役立ちコンテンツ

フリーランスの抱える税金や確定申告、社会保険や経費に関するお悩みを解決いたします。そもそもフリーランスになるためにはどうすればよいのか、現在正社員で働いているが、フリーランスになりたいと考えている方々にも必見です。役立つコンテンツ満載でお届けいたします。

該当コンテンツ数3件中1~3件を表示
TypeScript

TypeScriptとは?JavaScriptとの違いもわかりやすく解説

TypeScriptという言語は知っているものの、JavaScriptと何が違うのか分からず、学ぶべきなのか迷っている方も多いのではないでしょうか。 結論からいえば、TypeScriptは学ぶことをおすすめできる言語ですが、学ぶ前に言語としての性質をしっかり理解しておくことが大切です。 本記事ではTypeScriptとJavaScriptの違いについて解説します。 フリーランス案件を探す TypeScriptとは TypeScriptはマイクロソフト社によって開発されたプログラミング言語です。 JavaScriptにいくつかの機能を追加して作られました。 そのため、JavaScriptでできることは基本的にTypeScriptにおいても実行可能です。 また、基本的な用途もJavaScriptと変わりません。 TypeScriptはおもにWebアプリにおけるフロントエンド開発に使われています。 フロントエンドとは、ユーザーが直接触れる箇所のことです。 たとえば、フロントエンド開発では、ユーザーがWebページのボタンをクリックした際やフォームに文字を入力した際の処理を実装します。 さらに、TypeScriptはJavaScript同様にNode.jsを導入することでサーバーサイド開発も行えます。 サーバーサイトとは、ユーザーが直接触れることのない裏側の部分のことです。 たとえば、データベースからデータを取得したり、更新したりする処理を指します。 サーバーサイドとフロントエンド開発で使う言語をTypeScriptに統一することで、開発コストを下げることが可能です。 TypeScriptの特徴 TypeScriptには大きな特徴がいくつかあります。 代表的な特徴は次の3つです。 JavaScriptとの互換性が高い 大規模開発に向いている ソースコードの可読性が高い 一つひとつの特徴について詳しく解説していきます。 JavaScriptとの互換性が高い TypeScriptはJavaScriptとの互換性が高いというのが特徴です。 JavaScriptの開発環境・テスト環境はTypeScriptでもそのまま使えます。 また、AngularJSやVue.jsなどのJavaScriptライブラリ・フレームワークもTypeScriptで同じように使えます。 そのため、JavaScriptからTypeScriptに移行するのに、さほど手間はかからないでしょう。 大規模開発に向いている TypeScriptは大規模開発に向いているのも大きな特徴の1つです。 元々TypeScriptはマイクロソフト社が、大規模開発を行ううえでのJavaScriptの欠点を補うために開発しました。 大規模開発では処理内容が増えるため、ソースコードの行数が多くなり、管理が大変です。 そのため、TypeScriptにはソースの行数が多くなっても管理しやすくするための機能が備わっています。 また、大規模開発では多くのエンジニアを必要とするため、エンジニア同士の連携を行わなくてはいけません。 TypeScriptにはそのための機能も備わっています。 昨今のWebアプリでは、フロントエンド側の負担が増える傾向があります。 例えば、最近ではSPAアプリという、1つのページでコンテンツを切り替えるページが流行っていますが、SPAアプリではフロントエンド側で多くの処理を行わなくてはいけません。 このような傾向もあるため、TypeScriptの必要性がより増しているといえるでしょう。 ソースコードの可読性が高い TypeScriptはソースコードの可読性が高いのもメリットです。 なぜなら、JavaScriptにはソースコードの可読性を高めるための機能が多く備わっているからです。 ソースコードの可読性が高いことは、Webアプリ開発にとって大きな意味があります。Webアプリ開発は、ユーザーの要望や流行に従ってリリース後も繰り返し改良を行わなくてはいけません。 コードが読みやすいと、改良をスピーディーに行えるというメリットがあります。 TypeScriptは何ができる? TypeScriptは、JavaScriptの拡張として、静的型付けやクラスなどの機能を追加したプログラミング言語です。 JavaScriptとの互換性があり、JavaScriptのフレームワークやライブラリを使用できます。 TypeScriptでできることは、大きく分けて以下の2つです。 静的型付けによるバグの防止 クラスによる抽象化と再利用性の向上 それぞれについて詳しく紹介します。 静的型付けによるバグの防止 TypeScriptは、静的型付け言語です。 変数や関数の引数・戻り値の型を明示的に指定することで、コンパイル時に型エラーを検出できます。 これにより、バグの早期発見や、コードの可読性向上につながります。 クラスによる抽象化と再利用性の向上 TypeScriptは、クラスをサポートするオブジェクト指向プログラミング言語です。 クラスを使用して、オブジェクトの状態と動作を定義できます。 オブジェクト指向プログラミングとは、オブジェクトと呼ばれる単位でプログラムを記述する手法です。 オブジェクトは、状態(データ)と動作(関数)をまとめたもので、オブジェクトを組み合わせることで、複雑なプログラムをより簡単に記述し、再利用性を高める効果があります。 TypeScriptとJavaScriptの違い 続いて、TypeScriptとJavaScriptの違いについて解説します。 TypeScriptはJavaScriptをベースに作られた言語ですが、細かい仕様は異なるので注意が必要です。 TypeScriptとJavaScriptの代表的な違いは次の3つです。 TypeScriptは静的型付け言語 TypeScriptはインターフェースが使える TypeScriptは学習難易度が高め 一つひとつの違いについて詳しく解説していきます。 TypeScriptは静的型付け言語 TypeScriptは静的型付け言語に分類され、JavaScriptは動的型付け言語に分類されます。 静的型付け言語は、プログラマーが変数や関数の引数などの型を明示しなくてはならない言語のことです。 明示しなかった場合、エラーが出て実行されなくなります。一方で動的型付け言語は、型を明示しなくても、コンパイラなどが型を自分で推測して実行することが可能です。 そのため、プログラマーは型の記述を省けます。 一見すると、型の記述を省ける動的型付け言語の方が、利便性が高いように感じます。 しかし、あえて型を明示しなくてはならないようにした方が、ソースコードを読む側にとって分かりやすくなるメリットがあるのです。 型があらかじめ明示されていれば、その関数に何のデータを渡して良いのか分かりやすくなります。 静的型付け言語を利用することは、バグを減らすことにもつながるということを覚えておきましょう。 特に大規模開発の場合、他人が見ても読みやすいソースコードにすることは大切です。 そのため、あえて型を明示する必要がある静的型付け言語の方が大規模開発では好まれます。 TypeScriptはインターフェースが使える TypeScriptはクラスを作成する際にインターフェースという機能が使えます。 インターフェースとは、メソッドの引数・戻り値を定義したもののことです。 インターフェースを使うことで、クラス作成時のルールを決められるというメリットがあります。 インタフェースにクラスで必ず使うべきメソッドを定義すれば、そのメソッドを使っていないクラスが実装された場合にエラーが出て、実行できなくすることが可能です。 このようにインターフェースによってルール決めを行うことで、実装漏れやバグの発生を防ぎやすくなります。 TypeScriptは学習難易度が高め TypeScriptはJavaScriptに比べると学習難易度は高めです。 TypeScriptはJavaScriptよりも機能が多いため覚えるのが大変というのもありますが、それ以上に、歴史が浅い言語のため参考書や学習サイトの種類が少ないのが大きいです。 また、JavaScriptはプログラミングスクールで学べても、TypeScriptは学べない場合が多くあります。 また、TypeScriptは利用者も現状多くはないため、分からない箇所を質問しにくいのも難点です。 質問サイトでTypeScriptに関する質問を行っても、答えが返ってきにくい可能性があります。 TypeScriptのフレームワーク TypeScriptは、JavaScriptの拡張として、静的型付けやクラスなどの機能を追加したプログラミング言語です。 JavaScriptとの互換性があり、JavaScriptのフレームワークやライブラリを使用できます。 TypeScriptは、JavaScriptのフレームワークと組み合わせることで、より安全で堅牢なアプリケーションを開発できます。 TypeScriptとJavaScriptのフレームワークは、相性が良い組み合わせであり、多くの開発者から支持されてる点が特徴です。 TypeScriptとJavaScriptはどっちがいい? TypeScriptとJavaScriptはどちらもWeb開発で広く使われているプログラミング言語ですが、それぞれ異なる特徴があります。 TypeScriptは、JavaScriptを拡張して開発された静的型付け言語です。 変数や関数の型を明示的に定義することで、コンパイル時にエラーを検知できます。 そのため、バグの発生を防ぎ、より安全なコードを作成できます。 また、オブジェクト指向プログラミングの機能も充実しており、大規模なWebアプリケーションの開発にも適している言語だといえるでしょう。 JavaScriptは、動的型付け言語です。 変数や関数の型を明示的に定義する必要がないため、コードを記述するのが簡単です。 また、Webブラウザ上で動作するため、Webアプリケーションの開発に適しているという特徴があります。 ただし、型を明示的に定義できないため、バグの発生率が高くなるというデメリットがあると覚えておきましょう。 TypeScriptとJavaScript、どちらの言語がいいのかは、開発するアプリケーションの規模や目的によって異なります。 小規模なWebアプリケーションを開発する場合は、JavaScriptが適しています。 コードを記述するのが簡単で、Webブラウザ上で動作するため、開発コストを抑えられるというメリットが得られるでしょう。 大規模なWebアプリケーションを開発する場合は、TypeScriptが適しています。 静的型付け言語により、バグの発生を防ぎ、より安全なコードを作成できる点や、オブジェクト指向プログラミングの機能によるコードの再利用性といった特徴を活かせます。 結論として、TypeScriptはJavaScriptの弱点を補うように拡張された言語であり、大規模なWebアプリケーションの開発に適しており、JavaScriptは、Webブラウザ上で動作する言語であり、小規模なWebアプリケーションの開発に適していると覚えておきましょう。 TypeScriptの将来性 TypeScriptは将来性の高い言語です。 TypeScriptはGoogleでも社内の標準開発言語として採用されており、言語としての信頼性も高いと言えるでしょう。 今後JavaScriptからTypeScriptに乗り換える企業も増えていくことが予想されます。TypeScriptの方が大規模開発に向いているため、乗り換えることで開発が効率化される可能性があるためです。 また、Webアプリ開発の将来性自体がそもそも高いというのも、TypeScriptの将来性が高い理由と言えるでしょう。 スマホの普及に伴い、Webアプリを日常的に使うユーザーは増えています。 今後は、ユーザーにとって更に利便性の高いWebアプリが求められていくでしょう。 Webアプリの利便性を高めるにはフロントエンド側で多くの処理を行う必要があり、TypeScriptを導入する必要性も高くなる可能性があります。 特にエンジニアとして現役で活躍している方は、TypeScriptをこれから学ぶと市場価値をさらに高められるでしょう。 TypeScript初心者におすすめの学習方法 プログラミング未経験者の場合は、まずはJavaScriptから学習することをおすすめします。上記でも解説した通り、TypeScriptはまだ参考書や学習サイトが少なく、学習に苦労する可能性があるためです。 JavaScriptなら未経験向けの参考書も豊富であり、学習ハードルも低いと言えます。 他言語の経験がある方は、TypeScriptから学習するのもおすすめです。 TypeScriptの参考書を見ながら、実際にWebアプリを開発してみると良いでしょう。 実際にWebアプリを開発することで、TypeScriptとJavaScriptの違いも肌で実感できるようになります。 TypeScriptエンジニアの年収 フリーランススタートの求人情報を元に計算した、TypeScriptエンジニアの平均年収は855万円です。 最低年収でも360万円、最高年収になると1,680万円になります。 (参考)「TypeScriptエンジニアの年収とは?エンジニアの年収比較や年収アップの方法を解説」 これは、ITエンジニアの平均年収である約470万円と比べると、かなり高めといえるでしょう。 (参考)求人ボックス「ITエンジニアの仕事の年収・時給・給料」 TypeScriptは、静的型付けによるバグの防止や、コードの可読性と保守性の向上などのメリットがあるため、Webアプリケーションやモバイルアプリなどの開発において、人気が高まっています。 今後も、TypeScriptの需要は高まっていくと予想されるため、TypeScriptエンジニアは将来性の高い職種といえるでしょう。 まとめ 本記事ではTypeScriptとJavaScriptの違いについて解説しました。 TypeScriptの特徴やメリット・デメリットなどがお分かりいただけたかと思います。TypeScriptはインターフェースが使える・静的型付け言語である、といった特徴を持っており、JavaScriptよりも大規模開発に向いているのがポイントです。 今後フロントエンド側で担う処理が増えていけば、TypeScriptの必要性が増していく可能性が高いです。 ただし、現状ではTypeScriptの求人はそれほど多くはありません。 また、参考書や学習サイトも多くないため、プログラミング未経験者がいきなりTypeScriptに挑戦すると苦戦する可能性があります。 初心者エンジニアは、まずは、JavaScriptから取り組むことをおすすめします。JavaScriptを通じて学んだことを、TypeScriptでも活かすことが可能です。 この記事で紹介した内容を参考に、TypeScriptエンジニアを目指してみましょう。 フリーランス案件を探す
TypeScript

TypeScript案件の市況調査〜React.jsが使えるかが鍵?〜【2023年6月版】

この記事では、弊社データベースをもとにTypeScript案件のデータやトレンドについてまとめています。一緒に必要とされる言語やフレームワークもご紹介しているので、スキルアップを目指す際の参考にしていただければと思います! TypeScriptのフリーランス案件一覧をチェックする TypeScriptの案件情報 TypeScript案件は弊社データベース内に2023/06/08時点で945件があり、平均単価は77万円、最高単価は150万円です。最も案件数の多い価格帯は80万円〜90万円で、中央値は75万円です。 JavaScriptの派生言語ということもあり、JavaScript案件の平均単価よりも7万円ほど高く、他の主要言語と比べても高くなっています。 金額平均単価77万円最高単価150万円最も多い価格帯80万円〜90万円中央値75万円 2023/06/08 テクフリ調べ TypeScript案件で一緒に求められるスキル フレームワーク TypeScript案件で最も必要とされているフレームワークは【React.js】であり、449件の案件で必要とされています。これは、全TypeScript案件のうち約50%を占めているため、使えて損することはないフレームワークと言えるでしょう。 次点で多いのが、Vue.jsです。世界的にはReact.jsが主流ですが、日本ではまだまだVue.jsの需要は高く、中規模以下の案件ではVue.jsが使われることが多いです。 今後はTypeScript専用のフレームワークが台頭してくる可能性がありますが、現状JavaScriptのフレームワークをTypeScriptでも使用しているのが一般的となっています。 JavaScriptフレームワークについては、こちらの記事でまとめていますので是非参考にしてください! >>JavaScriptフレームワークのおすすめ9選を比較【2023】 | テクフリ 2023/06/08 テクフリ調べ 言語 TypeScript案件で最も一緒に求められている言語は、【JavaScript】であり395件の案件で必要とされています。 TypeScript自体、JavaScriptにいくつかの機能が追加された言語であるため、TypeScriptが使えるならば大抵の場合は問題ないでしょう。むしろJavaScriptの経験が強ければ、TypeScriptの経験が多少弱くても案件を獲得することは可能です。 TypeScriptとJavaScriptの違いに関しては、こちらの記事でまとめていますので是非参考にしてください! >>TypeScriptとJavaScriptの違いは?機能や特徴、将来性について解説! | テクフリ TypeScriptはフロントエンド開発でもバックエンド開発でも使用できる便利な言語です。フロントエンド開発に必要とされる、基本的な言語としてあげられるのがJavaScript(TypeScript)とHTML・CSSです。そのため、HTMLもJavaScriptに続いて158件の案件で、TypeScriptと一緒に求められています。 一方で、バックエンド開発で使用されるPythonやGo言語、PHPなどの言語が均一に必要とされています。 近年では、両面で使用できることからTypeScriptとその他の言語の使用経験を必須とした、フルスタックエンジニアの需要も上がっている点は押さえておくべきでしょう。 2023/06/08 テクフリ調べ TypeScript案件 トレンド分析 TypeScript案件はどの業界で伸びているのか、どんな内容が多いのか等、テクフリだけでなく他社のデータも踏まえてご紹介していきます。 ・テクフリ IT系や人材業界でTypeScriptの需要が高まっています。ただ、映像系のWebサービスやオンラインゲームを扱うゲーム業界、医療系やtoBの管理系サービス等、幅広い業界で需要があるため、「TypeScriptではこの業界に需要がない…」といったことは少ないでしょう。 ポジションとしては、サーバーサイドエンジニアが全体の半分ほどを占めており、次いでフロントエンドエンジニアが40%ほどを占めています。残りの10%には、PMやPdMでTypeScriptの需要があるようです。 ・A社 Webアプリ開発、金融、人材、医療業界などをはじめとする幅広い業界での案件情報が公開されています。 ポジションとしてはフロントエンジニアの案件数が最も多く、次いでサーバーサイドエンジニアやアプリケーションエンジニアと言ったポジションでの案件が公開されています。ブロックチェーンに関連する案件が多いという点も、近年におけるエンジニア需要のトレンドと言えるでしょう。 ・B社 Web系、物流関連の案件が多く公開されています。そのほかにも金融や教育など、こちらも幅広い業界での案件が掲載されていることから、需要があることがわかります。 2022年の5月と比べて案件数は2倍以上に増加しており、今後もTypeScriptエンジニアの案件数が増えていくことが期待できます。 ・C社 金融や医療・健康、建築・不動産業界での案件が多く公開されています。数は多くはありませんが、IT系、教育系、ECサイト、通信系業界でもTypeScriptの需要があるようです。 C社では、フロントエンドエンジニアのポジションが6割以上を占めており、サーバーサイドエンジニアは10%ほどでした。一方で、フルスタックエンジニアとして複数ポジションの経験が求められる案件が一定数存在するのはひとつの特徴と言えるでしょう。 まとめ 本記事では、2023年6月時点のTypeScript案件に関する情報をご紹介しました。TypeScriptは需要が増えている人気言語のため、今後も案件数の伸びは期待できるでしょう。 テクフリでは、ご登録いただくと希望条件とマッチした案件がオープンした場合にメールでお知らせしております。是非お気軽にご登録くださいませ! テクフリに登録する
TypeScript

TypeScript:人気のプログラミング言語4位【2022】

新しくプログラミング言語を習得するなら、シェアが低いマイナーなものよりも、需要が多く高年収を狙える言語を身に付けたいですよね。しかし自分の知っている言語以外では、どんな言語が人気なのかを調べるのは簡単ではありません。 そこで参考にしたいのが、Githubで公開されているプルリクエスト比率です。この数字が高ければ高いほど、人気が高く使用される頻度も高いものと判断できます。今回取り上げる「TypeScript」は、全体で第4位に位置する人気言語の1つ。 このTypeScriptの特徴や需要・供給比率、期待できる年収などを取り上げていきます。 TypeScript案件はこちらから TypeScriptとは TypeScriptは、「静的型付け言語」と「クラスベースオブジェクト指向言語」という2つの言語の特徴を併せ持ったプログラミング言語です。2012年にマイクロソフト社に開発されたという、比較的若い言語に分類されます。 オープンソース型のTypeScriptは、「JavaScript」とよく名前が似ていることに気づくと思います。実はTypeScriptは、JavaScriptを大規模開発で使用する上での欠点をカバーする言語となっている性質を持ちます。JavaScriptは動的型付け言語である一方、TypeScriptは静的型付け言語とされます。 動的形付け言語というのは、変数やサブルーチンの引数、返り値といった値に型が決まっていないものを指します。静的型付け言語は、これらの型が決まっています。するとエディターやIDE(統合開発環境)のサポートを受けやすく、コンパイル時にはエラーを見つけやすくなるという側面も持っています。 TypeScriptはクラスベースオブジェクト指向言語でもあることから、「クラス」という概念を持つことも特徴の1つです。プログラム内でクラスを定義できることから、同じコードを繰り返しプログラム内で利用できるというメリットが生まれます。 また、JavaScriptとの高い互換性を持つこともTypeScriptの特徴です。基本的な文法や構文はJavaScriptとほぼ同じで、これまでJavaScriptを使ってきた方にとって習得しやすい言語になります。実際の処理では、TypeScriptで書かれたコードをJavaScriptに変換後、実行されます。 JavaやC#といった静的型付け言語をこれまで使ってきた方であれば、JavaScriptよりもTypeScriptのほうが扱いやすくなるでしょう。JavaScriptの欠点を補う便利なものですので、ぜひ習得しておきたい言語といえます。 昨年の順位と比較して考察 Githubのプルリクエスト比率では、TypeScriptの2022年の順位は第4位です(9.105%)。2019年から2022年にかけてランキングは第7位から第4位へランクイン。プルリクエスト比率も増加しており、着実にシェアを伸ばしている言語であることがわかります。 2021年は17.926%を占めるPythonが第1位でしたが、2022年も16.689%を記録して順位はそのまま。第2位のJavaScriptは14.270%とGithubでは接戦であることがわかります。 TypeScriptは比較的新しいプログラミング言語であり、多くの企業の開発でも採用され始めています。したがって緩やかな増加傾向にありますが、圧倒的にシェアを伸ばしているというほどではありません。 2017年にはGoogleでTypeScriptが社内標準言語に定められたと報道され、大きな話題を集めました。社内標準言語として承認されるまでには、約2年の社内審査を経たという背景もあります。 TypeScriptを開発したマイクロソフト社では、マルチプラットフォームで動作するフリーのIDE「Visual Studio Code」を提供しています。このVisual Studio CodeでもTypeScriptがサポートされています。 Googleを含めた世界中のエンジニアに愛用されているVisual Studio CodeでTypeScriptが使えるようになったことが、Google社内でTypeScriptが標準言語となった理由と考えられます。 このニュースを皮切りに、国内外でTypeScriptを採用する企業が増加し始めました。2018年から2019年のゆるやかなプルリクエスト比率上昇も、こうした動きを反映してのものだったのでしょう。 前身であるJavaScriptのシェア率は業界でもトップクラスですので、その後継であるTypeScriptが今後普及する可能性は極めて高く、今から学ぶべき言語としても上位にランクインすることは間違いないでしょう。 TypeScriptは転職に強いのか 現時点で判断すると、TypeScriptは転職に強いスキルであると言えます。 2018年では、まだまだ発展途上の言語であり、採用する企業も限られていました。 しかし、現在ではシェア率も順調に伸びていることがわかります TypeScriptはJavaScriptに置き換わる可能性を持った将来性ある言語ですので、これから採用し始める企業が増え始めることは確実です。日本語の初心者向けブログや記事も増えてきていますので、これからも人気は高まり続けることでしょう。 数年後にはTypeScriptがさらに普及し、TypeScriptを使えるエンジニアの需要も飛躍的に高まる未来も予想できます。その意味では今のうちから勉強を始めておいて、いつでもアピールできるよう備えておくというのも1つの戦略となるでしょう。 活躍できる業種と年収 IT業界に属する企業は、Web系・ソフトウェア系・ハードウェア系といった種類で分類することができます。TypeScriptに限ってみれば、活躍しやすいのはWeb系と呼ばれる企業となるでしょう。 Web系の企業では、WebメディアやECサイトの構築・運営、Webアプリの開発やWebデザインなどを手掛けることが多くなります。これらの企業ではJavaScriptを使用している企業が多く、その後継であるTypeScriptを使うエンジニアが活躍しやすいと予想できます。 TypeScriptを応募要件に定める求人では、主に「Webアプリエンジニア」「フロントエンジニア」といった職種で募集をかけているところが多くなります。TypeScriptのスキルを活かして転職しようと考える場合、これらのポジションを狙い撃ちするといいかもしれません。 株式会社ビズリーチによる「プログラミング言語別年収ランキング2018」という調査では、TypeScriptは575万円の年収中央値を記録して第5位、最大で1,200万円の年収が提示されていることがわかります。ちなみに第7位のRubyは中央値550万円、最大1200万円の年収ですが、求人数は11,676と圧倒的に多くなります。 一方のTypeScriptは、求人数が667件。トップ10のプログラミング言語の中では、R言語に次いでワースト2位の求人数となっています。それだけ需要が少なく、採用したいと考える企業が少ない点には注意しましょう。 まとめ:将来性に期待 TypeScriptは、業界でトップシェアを誇るJavaScriptの欠点を補う新しい言語で、海外でも日本でもまだまだ開発事例が多くありません。したがって求人数も少なく需要が低いため、転職の武器として習得するには向きません。 しかし今後の将来性には期待できる言語ですので、趣味やプライベートで学んでおいて損はないでしょう。今後もTypeScriptに関するニュースをチェックし、動向を見守っていきたいものです。 TypeScriptの案件を探してみる
<span class="translation_missing" title="translation missing: ja.layouts.footer.icon_back_to_top">Icon Back To Top</span>
TOP